2017年08月29日

ショットショージャパンスペシャル参加

(MMMイベント参加)


9月2日、3日の大阪ショットショージャパンSPに参加いたします。

MMMブースは、運営委員会Filterの横、明日香縫製の向かいになります。

こちらでご確認下さい。

http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html




MMM2017SEP 民兵祭 『民兵 vs PMC』も募集継続中です。

http://mmm.militia.jp/e870089.html

こちらの記事をご覧になって、メールにてお申込み下さい。
同カテゴリの他の記事も御覧ください。


ショットショージャパンの会場でも、参加の相談をいただけます。
(管理上、申込自体はメールにてお願いする事になります)




次回イベント「民兵祭」のテーマパッチも少しだけ製作しました。





架空の民間運動パッチです。

一応民兵側勢力の、民族戦線(民族衣装系)と傭兵組織(戦闘装備)以外は
こちらになります。(部隊分けはほぼ自由ですが)






前回「MMM2017JUL」の参加者より、装備参考。



民族戦線の兵士です。シュマーグにカミース、カラシニコフとバンダリアと、
オーソドックスですが見た目で「中東民兵」とスグに分かる装備です。
(写真はMMMキャンプの”流鏑馬”競技中)

MMM民族戦線は基本的にこの方向性でOKです。





MMMスタッフPMCです。
揃いのポロシャツに、装備等のイメージカラーを統一しています。

キャンプの出し物の「流鏑馬」の採点業務中なのでヘルメットではなく帽子です。
戦闘招集が掛かった時にヘルメット無しで集合すると、社長に大目玉を喰らいます。

欧米PMCは携行装備として「ヘルメット」と「ボディアーマー(プレートキャリア)」が
必至になります。





欧米PMC以外の「ローカルPMC」が、現地政府から業務委託された(という設定)
のパークレンジャー装備です。アフリカのパークレンジャーをモチーフにしています。
ライフルが写っていませんが、FALで統一されています。





左から中国系PMCと、現地徴用の保安職員二名です。
右側は映画「13時間」で登場する民兵(?)を再現しています。

MMM2017JULのエキシビジョンにてCIAチーム側で参戦していますが、
戦局の悪化にともない「定時なので上がります」と逃走。




「MMM in ショットショージャパン」
「MMM2017SEP民兵祭」

ともによろしくお願いいたします。



同じカテゴリー(イベント参加)の記事画像
ショットショージャパン2018.6
12月2/3ショットショージャパン参加します
MMM in ShotShowJapan
5月27-28日ショットショージャパン参加
今年のMMMの予定
12月3/4日ショットショージャパン参加です
同じカテゴリー(イベント参加)の記事
 ショットショージャパン2018.6 (2018-05-24 15:08)
 12月2/3ショットショージャパン参加します (2017-11-16 18:13)
 MMM in ShotShowJapan (2017-05-24 14:01)
 5月27-28日ショットショージャパン参加 (2017-05-19 13:58)
 今年のMMMの予定 (2017-04-19 16:35)
 12月3/4日ショットショージャパン参加です (2016-12-01 18:43)



< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 36人