2018年03月05日

MMM2018MAR

(MMM2018MAR)


●MMMのメールやりとりに関して

MMM2018MARに参加申込の方、お問い合わせの方には、現状2~3日以内に
必ず返信させてもらっています。

返信メールが来ない場合は、
 「MMM運営へのメールが不着」
 「MMM運営からの返信メールが不着」
のいずれかになります。

メール設定等でMMM側では対処をいたしません。必ず、申込者側で対処を願います。

具体的には「militia.jp」ドメインの受信許可、携帯キャリアメール等でPCメールを
受信しない設定の解除等です。

メール不着等の場合は、キャンセル待ちの順番には組み入れられません。



既に申込されている方で振込名をカタカナで送金されている方は、
お手数ですがフリガナ付の名前を送金後にentry@militia.jpまでご連絡下さい。




●連合軍枠キャンセル待ちに関して

2月上旬に募集開始して早々に締め切らせてもらった連合軍側募集枠ですが、
キャンセル待ちに関しても3月9日で締め切らせてもらいます。

キャンセル待ちで受付可能な条件のとしては、
 ・既に参加受付が確定している参加者の車の同乗して来場する
 ・装備やキャンプ用品を荷降ろし後に、ふもと(橋本駅周辺)のパーキングに駐車する
等がございます。

車両に関して、荷降ろしだけですぐに敷地外に移動させる場合は車両駐車料は徴収していません。

MMM本戦は事実上「車両の駐車可能台数上限が参加枠」になっています。
会場の駐車スペース拡張などの対策は毎年取っています。ご迷惑をお掛けします。



●民兵参加枠に関して

現在継続中の、MMM2018MARの民族戦線募集枠を3月9日付で締め切らせてもらいます。

民兵、傭兵、現地人等、いわゆる連合軍以外です。

多くはゲリラ(敵性民兵)として連合軍と戦う事になりますが、現地人として終日武装しない方や、
武装はしているがシチュエーションによっては敵対しない場合などがあります。

3月9日までにこちらの要項に従ってお申込み下さい。
http://mmm.militia.jp/e905591.html





●傭兵装備に関して

2017からの新ジャンルとして、傭兵装備があります。

具体的な装備としては「ロシア/中国系装備を着崩して」装備して下さい。
国章や部隊章は禁止です。また、ヘルメットも禁止です。(アーマーは可)

MMM参加枠の中では戦闘が多い部隊ですが、シナリオ上敗走する場面も
多いです。「マーセナリーズ!」といった感じのカッコイイ傭兵部隊ではありません。
泥臭い任務も多いので、連合軍の特殊部隊枠に近いです。

参考までに、2017MAR参加者の装備は以下のような感じです。


















タグ :MMM2018MAR

同じカテゴリー(MMM2018MAR)の記事画像
MMM2018MAR
mmm2018mar
MMM2018MAR
同じカテゴリー(MMM2018MAR)の記事
 MMM2018MAR (2018-03-22 11:21)
 mmm2018mar (2018-03-19 11:49)
 MMM2018MAR (2018-03-07 11:49)
 MMM2018MAR (2018-02-15 10:55)
 MMM2018MAR細則他 (2018-02-08 16:52)
 MMM2018MAR募集開始 (2018-02-08 15:07)