2019年02月28日

MMM2019MAR

(MMM2019MAR)


民族戦線(民兵・傭兵グループ)は募集継続させてもらいます。

お申込みはこちら(http://mmm.militia.jp/e967531.html

連合軍申し込みはキャンセル待ち対応になります。


3月3日にて、民族戦線の募集のおよび連合軍のキャンセル待ち対応を
終了させてもらいます。



また、3月4日口座稼働時点で入金確認が出来ていない既申込者は
自動的にキャンセルとなり、参加枠をキャンセル待ちの方に振り替え
させてもらいます。ご了承下さい。


まだ数名、入金確認が出来ていない方が居られます。

申し込みメールへの返信(支払いの案内等)は、土日祝日を除く2~3日以内に
必ずさせてもらっています。返信が来ていない方は送受信いずれかでエラーが出て
いると思われます。別のアドレスより問い合わせ戴く等願います。

今現在入金確認させてもらった方には、全てメールにて正式受付の
案内を出させてもらっています。

案内が来ていない方は、送金を失敗(ウェブ手続き等)していないかご確認下さい。


「当日払えば良い」と未払いのまま来場いただいても、受付にて入場をお断りさせて
もらいます。会場敷地の都合で入場台数を厳密に管理していますし、締め切りにて
参加を諦めた方も居ますので、そういった飛び込み参加を受け入れる事は出来ません。
ご了承下さい。





当日MMMブースにて販売するパッチの案内です。

MMM2019MAR

ボルクさんと同タイプのハッシュタグパッチです。

VOLKTACTICALGEAR公認のコラボアイテムです。

赤地に、白文字と黒文字のバージョンがございます。





受付ゲート周辺でのシチュエーションに関して。

下の段駐車場入り口と、MMM受付ゲートとの間50mほどを
「BB弾射撃を伴わないシチュエーションをする場所」として利用します。

その場合、モデルガンや爆弾などのキャップ火薬ギミックの小道具以外に、
エアソフトガンを空撃ちで使用する場合がございます。

周囲に駐車車両があるため空撃ちでのシチュエーションになりますが、
その場合オレンジ色のマーカーをマズルとマガジンに装着した銃のみを
「マガジン装着して空撃ちして可能な銃」として許可します。

MMM2019MAR

また、これらの許可は運営スタッフがするもので、参加者が自身の判断で
テープを巻く事は禁止とします。

基本的にゲート警備兵(米陸一般)や、シチュエーションに関わる参加者のみです。

ゲート周辺以外では、オレンジ色のテープを巻いていてもマガジンの装着は禁止とします。




MMMの射撃規定に関して。

MMMは基本的にセミオートマチックでの射撃になります。

詳細は総合レギュレーションにもありますが、「ルール違反を
している参加者が居る!」という誤解の無いよう念の為
こちらでも案内させてもらいます。


重機関銃、軽機関銃、短機関銃、加えて「代用機関銃」は、
条件付きでフルオートマチックでの射撃を許可されます。

重機関銃は車両や銃座、三脚または四脚に固定された機関銃とし、
こちらはフルオート射撃に加えて「20発/秒未満」の発射サイクル
レギュレーションも除外とします。ミニガン等も使用可能です。

軽機関銃は二脚付きの機種や、実物において軽機関銃として運用
されているものとします。一般的なものではMINIMIやRPK、PKM等です。
一部IAR(支援射撃を想定した小銃)に関しては、事前申告にて許可となります。

短機関銃(SMG)は0.12g軽量バイオ弾使用限定となりますが、フルオート
射撃可能とします。セミオートでも0.20g等は使用出来ません。

代用機関銃は、ドラムマガジンを装着した小銃となります。こちらは
戦力差や火力不足を補うために、運営スタッフの許可にて使用されます。
参加者自身の判断で使用する事は出来ません。
ドラムマガジンが事実上の「フルオートマーカー」となりますので、通常の
ボックスマガジンでのフルオート射撃は許可されません。


上記のうち、ベルトリンク式の重機関銃と軽機関銃は見た目で「フルオート
機種だ」と分かりやすいのですが、他の支援火器や短機関銃は注意して下さい。
以下、過去参加者が使用していた機種です。

RPK : 小銃と同じボックスマガジンですが軽機関銃扱いです。
M27IAR : 支援射撃を想定した小銃としてフルオート射撃可能です。(要申請)
PPSh41 : 0.12gバイオ弾を使用し、フルオート射撃可能です
AKM+ドラムマガジン : 代用機関銃としてフルオート射撃可能です(要許可)


MMMで使用するトイガンは、あくまでシチュエーションを進行するための
小道具ですので、銃の性能で状況をどうにかするという事はありません。

機関銃手はいかに「機関銃手っぽい振る舞い」を出来るかを考えておいて
下さい。





 MMM運営委員会



同じカテゴリー(MMM2019MAR)の記事画像
MMM2019MAR
MMM2019MAR
MMM2019MAR
MMM2019MAR
MMM2019MAR
同じカテゴリー(MMM2019MAR)の記事
 MMM2019MAR (2019-03-15 17:14)
 MMM2019MAR (2019-03-12 14:31)
 MMM2019MAR (2019-03-06 16:12)
 MMM2019MAR (2019-02-19 12:11)
 MMM2019MAR (2019-02-04 17:47)
 MMM2019MAR (2019-02-01 16:08)



< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 38人