総合案内になります


フォトラバ

MMM2014MARのレポートなど


MMM facebook

MMM2014NOV案内など


MMM2015FEB/MAR案内など

2017年02月24日

MMM2017MAR

(MMM案内)


3月4日、5日に来場されるすべての方への、MMM運営委員会駐車場係からのご案内です。



駐車場・テントについて委員会よりお願いがあります。今回は過去最大数の参加者が
見込まれており、これに伴い駐車場・宿泊場所等のひっ迫が予想されます。

厚かましいお願いではありますが、参加者様におかれましては以下周知していただき
了解いただきますようお願いしたく存じます。



1.
受付場所に関して。前回までと異なり、20mほど入口に寄った位置(下の段駐車場の分岐)に
受付を設けます。スピードの出しすぎにご注意願います。

※初参加の方へ。敷地内に入り重機置き場を過ぎ100mほど上がったあたりです。



2.
駐車位置に関しまして。なるべくご友人と並べて駐車できるように誘導いたしますが、
来場の時間が異なる場合、ご希望には沿えません。

来場車数が多いため、時間と空間を空けず詰めて誘導いたします。

またすでに案内させていただいておりますが、テント・タープ設営後宿泊に使用しない車両は
移動の協力をいただきたく存じます。個人で宿泊テントと車両を並べて設置する事は出来ません。
「荷物置き場としての車両」の駐車は下の段駐車場になります。



3.
食事・宿泊位置(キャンプスペース)について。特にご協力願いたいのはこの点です。

重ねて申しますとおり、来場車数が多いため、駐車場の状況次第では、土曜日に
ゲームフィールド「内」にテントを設営していただき、早朝(7:00までくらいに)撤収
いただく「可能性」があります。

その場合、MMMに慣れているベテラン(複数回参加者)の方が、率先して行動
していただけると助かります。

以上ご無理を申し上げている点は重々承知しておりますが
イベントの進行のためなにとぞご理解ご協力願いたく、重ねて申し上げます。



天候や当日の状況などにより、上記案内以外のお願いをさせてもらう場合もございます。
その際も、どうぞご協力ねがいます。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年02月15日

MMM2017MAR

(MMM案内)



民族戦線に関して・キャンプに関して・サブマシンガンに関して
補足がございます。




●民族戦線の参加枠が、残りわずかですがございます。(調整枠です)

2月19日付の申し込みメールまでで民族戦線側も締め切らせてもらいます。

その時点で民兵調整枠が余っていても、連合軍への振り替えは有りません。
ご了承下さい。


民族戦線で参加をご希望される方は、こちらの記事の追加事項を
申込時にご申告下さい。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

民兵や傭兵などは、 連合軍の「部隊」に相当するものです。




●キャンプに関して

車中泊予定の方で、他の参加者の宿泊用テントやリビング用タープに
隣接して駐車される方は、就寝時にエンジンを掛ける(暖房を付ける)事が
出来ません


車中でも相当冷えますので、テント泊の方と同様に防寒装備を十分に
用意しておいて下さい


車中泊時にエンジンを掛ける方は、下の段第二駐車場に駐車いただきます。
数十メートルしか離れていませんので、キャンプ進行にそれほど不便は
ありません。下の段第二駐車場では就寝時にエンジン始動しても大丈夫です。




●サブマシンガン・短機関銃に関して。

実銃においてピストル弾を使用するSMG・短機関銃は、0.12gバイオBB弾
を必ずご使用いただきます
。総合ルールでは「フルオート射撃時は0.12g
(セミオート時は制限無し)」というニュアンスでしたが、訂正させてもらいます。

サブマシンガンで参加される方はほとんど居られませんが(全体で2~3人)、ライフル
で参加される方も、ルール違反と誤認してしまわないように一応憶えておいていただきたいです。


ピストル弾とライフル弾の境目は、下記を参考にお願いします。
明らかにライフル弾、明らかにピストル弾のものは割愛します。

 ・ライフル弾使用銃(セミオート使用限定)
  MP44(7.92x33mm)
  M1カービン(7.62x33mm)

 ・ピストル弾使用銃(0.12gバイオ弾を必ず使用 フルオート可)
  P-90(5.7x28mm)
  MP-7(4.6x30mm)
  PPSh-41(7.62x25mm)

上記のカートリッジが「短小ライフル弾」と「高速ピストル弾・PDW用装弾」の
境界とお考え下さい。

5.56x45mm、7.62x51mm、5.45x39mm、7.62x39mm等の完全にライフル弾
のものは、軽機関銃を除いてすべてセミオートマチックです。
(弾は0.20g、0.25gバイオ使用可)

AKの短小化改造銃「AKピストル」などは、マガジンがライフル弾用の場合は
ライフル扱いになりますので、フルオート射撃は不可になります。
PP19-01はピストル弾用マガジンですので、0.12gバイオ弾使用限定で、
フルオート射撃可です。


ガスブローバックガンに関しては、サブマシンガン、ピストルともに銃種として
フルオート可能なものはバイオBB弾の重量制限はございません。

ただ、ガスブローバックガンでもライフルタイプ(M4やAKなど)は、セミオート
限定です。


0.12gバイオBB弾は、会場のバトルランド管理棟で販売しております。
同じ重量のバイオBB弾でも、BB弾チェックの際に判別出来なくなるため
指定弾以外は使用禁止です。会場でご購入いただければと思います。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年02月08日

MMM2017MAR

(MMM案内)



●送信後、2~3日以内(土日祝を除く)に返事が来ない方


申込、お問い合わせいただいた方には、必ず2~3日以内(土日祝除く)に
ご返信させてもらっています。申し込みメールを送信しただけでは、仮受付
の状態ですので、そのまま現地に来られてもイベント参加出来ません。


(entry@militia.jp)への申込メールの送信エラー、返信メールの受信エラーが
出ている方が、沢山居られます。

「militia.jp」を必ず受信許可設定願います。

militia.jpは独自ドメインのため、場合によっては送信時に消失していて、
運営委員会でメール自体を受信出来ていない事がございます。


特に各携帯電話キャリアメール(ezweb.ne.jp , docomo.ne.jp 等)は基本設定が
独自ドメインを弾くようになっていますので、受信設定が必須です。

送信者にもエラーメッセージを返さない事もありますので、こちらからの
返信メールが届いているかどうかも運営委員会では確認出来ない場合があります。

他にも、Gmail、ヤフーメールでも、送受信出来ない事があります。

メールエラーは規則性がよく分からなくて、設定を変えても出来ない場合もあり
ますので、どうしても連絡が取れない場合は別のメールアドレスより送信して下さい。


運営委員会からの返信メールが届いていない疑いがある方には、19:30以降に
申込電話番号へお電話をさせてもらう場合がございます。
非通知設定で掛けますので、心当たりがある方は出ていただければ助かります。



●申込受付済で、申込内容に変更がある方


会場入場日時(目標・目安でOK)、入場車両数(減車は可)、設営テント・タープ数
などが変更になる場合は、申込アドレス(entry@militia.jp)に必ずご連絡下さい。

今回、普段よりかなり参加人数が多いため、車両とテントの管理は重要になります。



今回初参加で勝手が分からない方も居られると思いますが、
ご協力よろしくお願いいたします。お手数お掛け致します。


 MMM運営委員会

  
タグ :MMM2017MAR


2017年02月06日

MMM2017MAR

(MMM案内)



●民族戦線申込

民族戦線への参加募集は継続させてもらっています。

こちらの記事の追加事項を、申込時にご申告下さい。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

民兵や傭兵などは、 連合軍の「部隊」に相当するものです。



土曜のエキシビジョン、キャンプ(土曜宿泊)に関する注意と、
民族戦線側への案内がございます。



●土曜日エキシビジョン(夜間)

19:00~20:00あたりで、エキシビジョンを行います。

参加希望の方は、発光トレーサーを持参して下さい。
発光トレーサーを持っていない方は、銃をフィールドに持ち込めません。
(非武装でフィールドに入る事は可能)
射撃はすべて発光トレーサーと蓄光バイオBB弾を使用いただきます。

夜間ですので近距離戦にならないように、お互い行動範囲は制限して
行います。30~50mほどの遠距離で撃ち合う感じです。

蓄光バイオBB弾は、必ずバトルランド本部管理棟にてご購入下さい。
蓄光バイオ弾の色で、連合軍と民族戦線を分けます。
どの色がどの勢力かは、当日案内します。

勝敗云々のエキシビジョンではなく、全参加者トレーサー装備の
派手な夜間戦闘を体感するといった趣きです。
セーフティエリアすぐ横で行いますので、参加しない方も観覧可能です。



●キャンプ時の注意

・焚き火

地面に直接薪や炭を置いての焚き火は出来ません。
必ずコンロ(足つきで、火や灰が地面に着かないもの)をご利用下さい。

また、上水道が来ていませんので、調理用の水はご自身でお持ち下さい。
(ペットボトル飲料、水は会場管理棟にて販売しています)

・宿泊

MMM運営委員会および会場バトルランドから、宿泊に関する支援は
ありません。

バトルランドの休憩室や更衣室での宿泊も出来ません。必ず宿泊テント
や、露天でも寝袋やタープ、車中泊の準備をして来てください。

最も簡易な宿泊方法として、バトルランド管理棟前の大屋根の下で、
寝袋にくるまって就寝する事が出来ます。

ただ、夜遅くまで起きている人も居ますし(ある程度の話し声)、早めに
就寝してゆっくりしたいという要望は通らないかもしれません。

大屋根下は連合軍本部にも使いますので、朝は6~7時より設営があり、
それまでに寝具等を撤収いただきます。




●民族戦線参加者への案内

今回の民族戦線枠参加者全員に、運営委員会明日香縫製より
パッチが配布されます。(1人1枚です)

現地人グループ(現地人、民兵、従来傭兵)には、「バトルランド国 国章」、
傭兵グループ(ロシア系、中国系)には「傭兵組織会員証」になります。

それぞれ、日曜日の状況中に連合軍ベース(セーフティエリア)入り口の
検問を通る際に必要です。状況中は一部武装解除、または完全武装解除で
現地人グループや傭兵グループもセーフティ内に入れます。
(少なくとも状況開始時点では)



(現地人グループの国章 50x40mm)


(傭兵グループの会員証 72x60mm 45x40mm)

特に民族戦線参加者で、パッチスペースが無い方が大半ですので、
その方用に、安全ピンタイプのパッチホルダーも一緒に配布します。




国章と、傭兵グループ会員証の小さい方に付属します。

傭兵グループ会員証の大きい方には付属しません。


また、今回の現地人グループと傭兵グループに関する事項を
明日香縫製ブログ(arablog!)にて解説いただいています。

http://arablog.militaryblog.jp/e830277.html




 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年02月03日

MMM2017MAR

(MMM案内)



●申込関係

連合軍に関する申込は、2月1日21:00で完全終了いたしました。
キャンセル待ち受付もしておりません。

2月1日21:00までに連合軍で申込いただけた方は、キャンセル空きなどの
案内をさせてもらえる場合がございます。





●民族戦線申込

民族戦線への参加募集は継続させてもらっています。

こちらの記事の追加事項を、申込時にご申告下さい。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

民兵や傭兵などは、 連合軍の「部隊」に相当するものです。





●メールでのやりとりに不備が出ている方が多数居られます

「militia.jp」ドメインを、必ず送受信許可設定して下さい。

特に携帯電話のキャリアアドレスにて、運営委員会からの返信メール
の不着が起きています。

携帯電話キャリアアドレスは基本的にすべてのPCメールが拒否設定されています。

また、militia.jpは独自ドメインのため、メジャードメインのPCアドレスと
やりとり出来ている設定でも、返信メールが届かない場合がございます。

こちらで受信した申込メール・問合せメールは、今のところすべて返信させて
もらっています。返信が来ない方は、送信時にエラーがか出ている、もしくは
こちらの返信メール受信時にエラーが出ている可能性があります。


また、申込メールでは「MMM申込」と必ず件名に入るようにし、送金などの
やりとりの際も件名を変更しないようにお願いします。

「MMM申込」が入っていないものは、他の担当者(会場管理や部隊編成)への
問合せと混同してしまう場合がございます。



●装備品等の発送による搬入に関して

橋本市街に駐車いただいたり、遠方よりおいで戴く方へのご案内です。

ゆうパック、クロネコヤマト等による荷物の受取が可能です。

発送にて搬入する旨を必ず事前にご連絡いただいた上で、以下の要項
に従って発送して下さい。

・1人あたり1個口以下にする事。
 複数人でも共同で荷造りするなどして、出来るだけ個口数を少なくする事。
・到着指定は「3月4日午前中」にする事。
・発送先は以下のとおりです
 648-0036和歌山県橋本市横座207バトルランドMMM宛
 080-3859-8106
 発送者名に「氏名+参加部隊名」を入れておいて下さい。

荷物はMMM受付テント(セーフティ入り口)にてお預かりさせてもらいます。
返送は3月5日15:00より、会場のバトルランド管理棟にて受付します。




 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年02月01日

MMM2017MAR

(MMM案内)



本日(2月1日)の21:00をもって、連合軍の締め切り後受付を完全終了いたします。

締め切り後より、本日21:00までにお申込みいただけた方で、人数調整枠に組み込める
場合はご連絡させてもらいます。人数調整枠の空き待ちになります。

「入場車両無し(乗り合い等)」「宿泊テントのみ、リビングタープ無し(チーム員と共同)」などの
場合は、受付させてもらえる可能性が上がります。

よろしくお願いいたします。




民族戦線への参加募集は継続させてもらっています。

こちらの記事の追加事項を、申込時にご申告下さい。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

民兵や傭兵などは、 連合軍の「部隊」に相当するものです。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年01月31日

MMM2017MAR

(MMM案内)



民族戦線への参加募集は継続させてもらっています。

こちらの記事の追加事項を、申込時にご申告下さい。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

民兵や傭兵などは、 連合軍の「部隊」に相当するものです。




参加費支払、人数、車両台数など申込管理に関する調整と、装備や兵種に
関する質問を同時にしないで下さい。

申込担当は、兵種・装備に関してご返答出来ない事がある他、キャンセル待ち
などの場合に優先順位が後になる場合がございます。


参加費支払、参加人数、車両台数等の、申込管理に関する事はこちら。
 申込担当官 : (entry@militia.jp)

連合軍の装備、兵種に関する質問は事はこちら。
 Heavy : (heavy@militia.jp)

民族戦線(民兵・傭兵)の装備、兵種に関する質問はこちら。
 明日香縫製 : (kalash@militia.jp)


それぞれ即時返答出来ない場合が多いです。
土日祝を除く、2~3日以内の返信とお考え下さい。




 MMM運営意委員会
  


2017年01月30日

MMM2017MAR

(MMM案内)


連合軍への参加募集は終了いたしました。

少数ですが、キャンセルや人数調整によって追加参加枠が出来る
場合がございます。開催前1ヶ月~2週間あたりで、締め切り後申込者
の先着順に案内をさせてもらいます。

追加参加枠に関する連絡が来た場合は、その時点での参加意思を
2~3日以内にご返信下さい。

募集の完全終了時は、公式サイト(こちらのブログ)で案内させてもらいます。


募集枠は「参加者数と乗り入れ車両数」で制限していますので、既申込者で、
グループ内の乗り入れ車両が増えない場合は参加受付出来る可能性が高いです。

乗り合いで来ていただくか、荷降ろし後に橋本市街のパーキングに駐めなおして
いただくなどすれば大丈夫です。その際のパーキングからのピックアップなどの
支援は運営委員会では出来ません。ご了承下さい。




民族戦線への参加募集は継続させてもらっています。

こちらの記事の追加事項を、申込時にご申告下さい。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

連合軍の「部隊」に相当するものです。




いくつか、お問い合わせいただいた事がございますので、こちらにて
案内させてもらいます。



◯自動二輪での来場

自転車、原付、自動二輪でのご来場の際は、参加費以外の駐車料金は掛かりません。
自身のキャンプスペース近くに、私物などと一緒に駐輪して下さい。

来場時、退場時以外に、セーフティ内およびフィールド内での、自動二輪による
走行する事は禁止とします。



◯土曜のみ、日曜のみでの参加

土曜のみ、日曜日のみでの参加も可能です。申込後にスケジュールが変わって
しまった場合などは、ご申告下さい。(入場管理の都合上です)

1日参加でも参加費は同じです。



◯キャンセル時の返金

参加費支払後のキャンセルに関して、返金は行っておりません。

フィールド賃借料や他の経費から参加枠を設定していますので、
返金してしまうと経費が不足し、開催自体が出来なくなってしまいます。

ただ、同勢力に限って、参加者の入れ替えは可能です。
その際は、出来るだけ早くにご連絡いただければと思います。
部隊編成上、1週間前くらいまでが期限です。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年01月29日

MMM2017MAR

(MMM案内)


連合軍参加者の申し込み多数により、連合軍側の募集を打ち切らせてもらいます。

ありがとうございました。



民族戦線の募集は継続させてもらいます。

http://mmm.militia.jp/e829038.html

こちらの要項に従って、お申込み下さい。



 MMM運営委員会  


2017年01月28日

MMM2017MAR

(MMM案内)


参加募集要項はこちら。

http://mmm.militia.jp/e829031.html



更新してすぐですが、追記です。


民族戦線申し込み時のお願いです。

参加部隊相当として、日曜日メインシナリオでどのグループで行動するのか
以下のいずれかから申告して下さい。

 ・現地人ネタ系 (民族衣装・トイガン火力を発揮しにくい装備、爆弾や棒など)
 ・現地人装備系  (民族衣装・軽装備・護身装備)
 ・民兵 (民族衣装・通常戦闘装備)
 ・無国籍傭兵 (従来MMM基準の無国籍感のある装備)
 ・ロシア系傭兵 (現用ロシア軍装備)
 ・中国系傭兵 (現用中国軍装備)

現地人ネタ系、現地人装備系、を「穏健派グループ」

民兵、無国籍傭兵、を「過激派グループ」

ロシア系傭兵、中国系傭兵、を「傭兵グループ」

と大きく3つのグループに分けて編成します。

連合軍の部隊編成のように確固たる規律がある訳ではないので、状況中に
スタッフの指示で別のグループに移動する場合もあります。

土曜日キャンプ時に別のグループの装備でもOKです。



連合軍の部隊および装備申告は、今まで通りで大丈夫です。


両軍とも申告に不足がある場合は、運営より問い合わせが行きます。

装備などに関する打ち合わせで担当者が使うアドレスは、申し込みアドレス
とは別のですので、申し込み受付の流れ(送金や入金確認)と一緒に
ならないようにご注意下さい。


申し込み専用アドレス : (entry@militia.jp)

代表窓口・民族戦線装備(明日香縫製) : (kalash@militia.jp)
会場管理・民族戦線編成(Carry) : (carry@militia.jp)
連合軍編成・連合軍装備(Heavy) : (heavy@militia.jp)



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR



< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人