2019年12月09日

民兵祭(MMM2019DEC)

(民兵祭MMM2019DEC)



12月15日(日曜日)開催の「民兵祭(MMM2019DEC)」の参加募集中になります。

以下の記事より参加要項をご確認の上、お申込み下さい。

http://mmm.militia.jp/e1008633.html




今の所、当日飛び入り参加枠が残ると思いますが、出来るだけ事前に
参加表明をお願いします。


現在参加者のほとんどが民兵(いわゆるアフガン民兵風)です。

潜入特殊部隊とPMCは極小で、ほとんど部族間紛争の様相になっております。

アフガン・アラブ民兵だけで100人行けばすごい事ですが、色々な装備で是非
参加ご検討下さい。

装備に関する問合せもご遠慮無く。













 MMM運営委員会


  


2019年11月22日

民兵祭(MMM2019DEC)

(民兵祭 MMM2019DEC 案内)



12月15日(日曜日)開催の「民兵祭(MMM2019DEC)」の参加募集中になります。

以下の記事より参加要項をご確認の上、お申込み下さい。

http://mmm.militia.jp/e1008633.html



今回民兵祭は、普段正規軍でMMMに参加されている方も、民兵装備にチェンジ
して参加されています。

普段の敵方の行動や、自軍がどう見えているか?なども体感いただくと、より
一層シチュエーションゲームの楽しみ方が増えると思いますので、オススメです。


昨今の民兵装備もかなり近代化され、BDUやアーマーベスト、レイルハンドガード付きの
ライフルなど、「古臭い装備でセットアップする」というイメージからかなり変わってきて
います。

普段の正規軍装備やゲーマー装備をアレンジすると、案外ソレっぽい民兵装備が
出来上がるかもしれません。




装備や銃器に関しても、遠慮なくお問い合わせ下さい。

米軍・連合軍・欧米PMCに関して (Heavy) heavy@militia.jp
民兵・傭兵・第三国PMCに関して (明日香縫製) kalash@militia.jp





今回、現地支払&参加者数上限に満たない場合は飛び入り参加も可という、MMMでは
珍しい運営試験をしています。

が、戦力調整やシチュエーション組み立てのために、出来るだけ早めの参加表明をいただけた
方が助かります。現時点で「5名参加」として、開催1週間前に「4名に減りました」でも大丈夫です。



開催10日前(12月6日)までに参加表明をいただけた方には、上記デザインのフラッグパッチを
MMM運営委員会明日香縫製より進呈されます。
数量はそこそこ作るつもりですが、不足した場合は一応申し込み先着順とさせてもらいます。

こちらとは別に、いつものスクロールタイプのメモリアルパッチも用意させてもらいますので、
是非現地でお求め下さい。




それでは、是非参加ご検討下さい。


 MMM運営委員会  


2019年11月12日

民兵祭(MMM2019DEC)募集開始

(民兵祭 MMM2019DEC 募集案内)



民兵祭 MMM2019DEC 募集を開始いたします。


イベント名 : 民兵祭 MMM2019DEC
            Militia Militant Mercenary!!(サブタイトル)

開場 : バトルランド-1(http://bl.ord.cc/

開催日時 : 2019年12月15日

開場 : 午前7時より受付開始 午前9時までに装備等準備完了の事

参加費 : 3800円/人 (今回は車両料金を分離していません)



 MMM2019DEC募集要項(http://www.militia.jp/bin/mmm2019dec.pdf

上記募集要項に従って、本文中の「エントリー専用アドレス」にEメールにてお申込み下さい。

申込みの際は必ず件名に「申込」が入るようにお願いします。
申込以外の問合せ等はエントリー専用アドレスには送らないようお願いします。



 MMM総合ルール(http://www.militia.jp/bin/mmmgeneral.pdf
  ※今回はサバゲ形式のワンデイイベントですので、適応外の項目もあります。



装備参考。MMM本戦ルールですので、民兵祭で適応外のものもあります。

 民族戦線参加要項(http://www.militia.jp/bin/mmmrebel.pdf

 連合軍参加要項(http://www.militia.jp/bin/mmmallied.pdf
   


 誓約書(http://www.militia.jp/bin/mmmseiyaku.pdf
  ※メール申し込みの方は、現地で名前のみサインをいただきます。
  ※募集枠に余裕がある場合の当日参加の方は、こちらにご記入いただきます。


 会場利用規約(http://www.militia.jp/bin/bl1kiyaku.pdf
  ※会場(バトルランド-1)の利用規約です。
    参加者・スタッフを含むMMM全体でイベント会員という扱いです。





・装備に関する規定

基本的にMMM装備ルールの正規軍兵士以外となります。

例外的に特殊部隊(通称デルタ枠)のみ、国章以外のすべての徽章を外す事で
「潜入特殊部隊」として参加可能です。※後述

2005年~現代までの北アフリカ・中東・東欧を想定した、架空の国家とします。
設定上「バトラン国ヨコザ自治区(ヨコザニスタン)」となります。
大雑把ですがイメージは「アフガニスタン周辺」で構いません。

イベントモチーフとしては、映画「13時間ベンガジの秘密の兵士」となります。





・民兵

 アフガン民兵を基本とし、他街着系民兵などを含みます。
 想定地域の民兵を模したものでしたら、基本的に可です。
 他、軽武装・非武装の現地人風も可。


・傭兵

 民兵より戦闘装備に寄った装備となります。
 MMM規定では「ロシア系」と「中国系」を推奨しています。
 義勇兵もこちらに含みます。



・PMC(民間警備会社)

 民間の武装警備員です。
 ゲーマー装備や特殊部隊装備になってしまわないようにご注意下さい。
 BW社など実際のPMC装備を参考にしてみて下さい。
 欧米系PMCの他、ロシア系PMCも許可です



・GRS(Global Response Staff)

 CIA職員を警護する部隊です。「13時間」のメインキャストチームです。
 元特殊部隊等の設定をイメージさせるセットアップをお願いします。
 



・新興国軍(元民兵)

 イラク軍、アフガニスタン軍、リビア軍を可とします。(他想定地域軍要問合)
 また、舞台となる架空国家内の「ヨコザ軍」でも可です。
 「ヨコザ軍装備」は規定していませんが、イラク、アフガニスタン、リビア軍
 などをアレンジしたもので可です。



・警察(自警団的なニュアンスの民兵)

 イラク、アフガニスタン、リビアの警察機構を可とします。



・特殊部隊(所属を明かせないので、国際法上の民兵)

 部隊章を禁止とします。国章のみ許可です。「原隊を秘匿している」という設定とします。
 「13時間」作中ではデルタでしたので、便宜上「デルタ枠」とイベント中でも呼称
 するかもしれませんが、部隊・装備の国籍は問いません。
 「原隊は○○だけど、こういった理由で装備をアレンジしている」というものも可能です。





民兵祭は「米陸軍」などの資料等で分かりきった装備の枠がありませんので、
装備に関しては遠慮なくお問い合わせ下さい。

欧米系はこちら heavy@militia.jp
民兵東欧系はこちら kalash@militia.jp

上記対応区分けはだいたいですが、出来るだけご返答させてもらいます。




 MMM運営委員会











  


2019年11月01日

オペレーションタイトロープ(2019)

(オペレーションタイトロープ@ミリキャン 案内)


オペレーションタイトロープは昨日付けでウェブ申し込みを終了させてもらいました。

現地申し込みは土曜日にお願いします。

現地受付はウェブ申し込みの方も、出来るだけ土曜日にお願いします。
日曜日朝も8時ごろに受付タイミングを設けます。



昨年のオペタイで使用したマップですが、参加者の方は印刷したり
スマートホンに入れておくと楽しめるかもしれません。

1分隊に1枚配布するものです。



ランドマーク等はズレている場合がございます。ご了承下さい。




オペタイ記念パッチ類は、各種明日香縫製ブースにて販売しております。

ミリキャン受付(敷地入り口)の向かいあたりになると思います。

ブースは販売時間(スタッフが対応出来る時間)を区切らせての営業になります。
人が居ない場合は「○○時から営業」のようなプレートを置いていますので、その
時間に覗いてみて下さい。



それでは、当日もよろしくお願いいたします。

 オペタイ実行隊
  


2019年10月29日

オペレーションタイトロープ(2019)

(オペレーションタイトロープ案内)


申込みはミリキャン公式サイトからお願いします。
申込みに、ミリキャン受付番号が必要です。

https://www.militarycamp.jp/
こちらのサイトの「サブイベント」メニューよりお申し込みください。



オペレーションタイトロープの詳細は以下の記事よりご確認下さい。

http://mmm.militia.jp/e998698.html


ミリキャンのフォームより申し込みいただければ、オペタイ実行隊の方へ
転送されます。その転送メールへのご返信はしておりません。

もし入力時や転送時にエラーが出ている場合は、現地でのリストにお名前が
無い場合もございます。
オペタイ@ミリキャンの場合は、それで特に参加上のデメリットはございません。
ただ、その際はお手数お掛けしてしまう事になります。予めご了承下さい。




現地受付、および申込みの場合は、シューティングレンジ前のタープテントにて行います。

受付は土曜日に数回、弾速チェックと同時に行う予定です。
受付時刻の案内は、当日にパネルで掲示する予定です。

事前申し込みのみで、当日サブイベント開始時刻にいきなり来られても参加出来ません。

必ず現地土曜日または日曜日早朝に受付(参加費支払い含む)をお願いします。

弾速チェックをパスしていないエアソフトガンの持ち込みも禁止です。




 オペタイ実行隊
  


2019年10月27日

オペレーションタイトロープ(2019)

(オペレーションタイトロープ案内)


申込みはミリキャン公式サイトからお願いします。
申込みに、ミリキャン受付番号が必要です。

https://www.militarycamp.jp/
こちらのサイトの「サブイベント」メニューよりお申し込みください。

ミリキャンへ申し込み→正式受付で受付番号をもらう→受付番号でオペタイ申込み、
という順になります。


開催2~3日前に申し込みされた方は、現地で使用する名簿に名前が
反映されない場合がございます。その際は、現地にて再度氏名だけご記入下さい。


現地受付は、シューティングレンジ前のテントで行います。
11/2の指定の時間(当日現地案内)に受付をさせてもらいます。申し込みを
されている方は、その時に参加費(2000円)をお支払い下さい。
飛び入り参加の方は、出来るだけ土曜日にお願いします。

参加できなくなった方は、他の参加者づて等で構いませんので、出来るだけ
その旨をご連絡下さい。



弾速チェックも同じ場所でミリキャン実行委員会にて行います。
弾速チェックは、1日に数回案内した時間にのみ行います。

オペタイ受付および、弾速チェックは常設ではありません。ご注意下さい。





オペタイ記念パッチをいくつか用意しています。

今回種類を多めにして、1種類あたりの数量は少なめです。










他に、スクロール型のメモリアルパッチを用意します。




よろしくお願いいたします。

 オペタイ実行隊
  


2019年10月25日

MMM民兵祭12月15日開催

(MMMイベント案内)


民兵のみのシチュエーションサバゲ「民兵祭」を12月15日に開催させてもらいます。


会場はMMM本戦と同じ「BattleLand-1」になります。

詳細は後日案内させてもらいますが、概略を説明させてもらいます。



民兵祭の名の通り、基本的には正規兵の参加枠がありません。
ただ、今回より「特殊部隊枠」を新設します。

シチュエーションモチーフは映画「13時間 ベンガジの秘密の兵士(洋題)」になります。


想定地域・年代は、北アフリカ・イラク・アフガニスタン周辺の中近東で、2005年から
現在までとします。
架空の地域でのシチュエーションとなりますので、異なる地域性の兵士が混ざってもOKです。



・民兵
 メインの募集枠です。想定地域での一般的な民兵装備です。
 「13時間」のように、Yシャツにスラックスなどの「地元の一般人がライフルを
 持っただけ」のような装備も歓迎です。

・PMC
 一般的なPMC装備で可です。ブラックウォーター社等を参考にして下さい。
 装備ルールとしてヘルメットとアーマーが必須です。

・GRS
 CIAチームの武装職員です。「13時間」のメインキャストチームです。
 ヘルメットとアーマーが必須です。

・新興国軍
 政権交代後のリビア、イラク、アフガニスタン等の国軍装備です。
 ヘルメットとアーマーは推奨ですが、必須ではありません。

・非正規作戦群(特殊部隊チーム)※今回からの参加枠
 「13時間」のデルタフォースです。装備としては後日の詳細案内にも記載しますが、
 国章(星条旗など)以外の部隊章は一切禁止です。原隊がバレないようにお願いします。
 便宜上シチュエーション内で「デルタ」と呼称する場合がありますが、国籍は規定しません。
 「各国の特殊部隊員が何らかの理由で非正規戦闘員として参加」とします。
 国際法上の「広義の民兵」とさせてもらいます。ヘルメットとアーマーが必須です。



以下、参考画像です。














  


2019年10月24日

オペレーションタイトロープ(2019)

(オペレーションタイトロープ/オペタイ実行隊からのご案内)


申込みはミリキャン公式サイトからお願いします。
申込みに、ミリキャン受付番号が必要です。

https://www.militarycamp.jp/
こちらのサイトの「サブイベント」メニューよりお申し込みください。

ミリキャンへ申し込み→正式受付で受付番号をもらう→受付番号でオペタイ申込み、
という順になります。



ミリキャンは11月2~4日の土日祝三日間の日程になります。
オペレーションタイトロープ(オペタイ)は、なか日の日曜日に開催となります。

土曜日および日曜日早朝に、現地受付をさせてもらいます。
フォームで申し込みされている方は、参加費のお支払いをお願いします。
飛び込み参加の方も、そのタイミングでの受付となります。

受付はシューティングレンジ横に設置される「ミリキャンサブイベントテント」で行います。

サブイベントテントに「オペタイ受付は○○~○○時です」などのボードを設置させて
もらうと思いますので、その時間に受付をおねがいします。

出来るだけ土曜日のうちに済ませられるようにお願いします。



使用するトイガンの弾速に関しては、ミリキャン公式弾速チェックを事前に済ませて
おいて下さい。弾速チェックもサブイベントテントで行います。
弾速チェックに関しても、常時受け付けではありませんのでご注意下さい。
(オペタイスタッフとは別に、ミリキャンスタッフが行います)




シューティングレンジ・サブイベントテント・サブイベント集合地点が、ほぼ同じ場所です。

土曜日開場時には、申込み受付時間のパネルは設置すると思いますので、キャンプ
設営前にでもちょっとお立ち寄り頂ければと思います。



よろしくお願いいたします。


 オペタイ実行隊

  


2019年09月02日

オペレーションタイトロープ(2019)募集案内

(オペレーションタイトロープ/オペタイ実行隊からのご案内)


オペレーションタイトロープ、正式受付開始しています。

申込みはミリキャン公式サイトからお願いします。
申込みに、ミリキャン受付番号が必要です。

https://www.militarycamp.jp/
こちらのサイトの「サブイベント」メニューよりお申し込みください。

ミリキャンへ申し込み→正式受付で受付番号をもらう→受付番号でオペタイ申込み、
という順になります。


以下、オペレーションタイトロープ募集案内になります。






イベント名 : オペレーションタイトロープ(2019)

開催日 : 2019年11月3日
 ミリキャン二日目の日曜日です

参加費 : 2000円
 ミリキャン参加費と別途必要になります。
 参加費徴収(受付)は、現地当日早朝、または前日(土曜ミリキャン初日)に行います。
 事前申し込みをしている場合でも、状況開始ギリギリですと参加出来ない場合がございます。
 参加枠に余裕がある場合は、前日土曜日現地にて飛び入り参加受付をさせてもらいます。

想定地域・年代 :
 アフガニスタン、イラク、北アフリカ周辺の架空地域
 装備や部隊に関しては2005~現在まで

シチュエーション :
 5~15人程度の部隊を編成し、パトロール、敵地侵入、救出任務等を行います。
 全体シナリオよりも、ひとつの任務にスポットをあてたシチュエーションにしようと思います。

 

・シチュエーション内のミッションに関して(予定)

同じ任務を2つの別の部隊で遂行し、無線などで進行タイミングを合わせて
達成を目指します。


暫定的に友軍2部隊をA・Bチームとし、敵部隊をEチームとさせてもらいます。

A・Bチームそれぞれは出来るだけ仲間内や、同じ装備(想定部隊)で編成させてもらいます。
小隊長と一般隊員は参加者としますが、無線手をスタッフにしてホスト代わりに進行させて
もらう予定です。(無線手スタッフはPMC装備です)


A・Bチームともに、装備規定としては想定地域・年代のいずれの部隊でもOKです。
例えば民兵装備であっても、「親米民兵組織の兵士」という設定で遂行させてもらいます。

Eチームに関してはスタッフを中心とした敵勢力となり、シチュエーション遂行のための
「おばけ屋敷のおばけ役」としての要素が強いです。
それでも構わないという方は、Eチーム参加も可能です。(民兵・無国籍傭兵装備等)


当日開催時間中に同じ任務を何度も行いますので、参加者として何度か同じ任務に
参加いただけるようになる予定です。Aチーム参加→Bチーム参加のような感じです。
AチームとBチームで任務内容が違いますので、同じ任務の別側面を体感出来れば
といった趣旨です。

「Aチームが通常任務で、Bチームが支援・救出部隊」のような、同じシチュエーション
内の別の役割にしようと思います。




・装備(想定部隊)と行動規範に関して

シチュエーションメインのイベントになりますので、実際の紛争の時期や装備との
整合性は重視しないものとします。
2005~現代までで、想定地域に展開していた部隊装備でしたらOKです。

民兵装備で、絶対に米軍と協調しないであろう組織のコスチュームであっても、
あくまでシチュエーション上の「味方部隊」とします。

自衛隊装備で積極的戦闘も可能です。逆に自衛隊装備で「ギリギリまで射撃しない」
などの、シチュエーションにしたい場合は事前にお申し付けください。





・トイガンの使用に関して

トイガンのレギュレーションに関しては、ミリキャン公式弾速チェックをパスしたトイガンのみ
使用可能とします。前日土曜日、または当日早朝までに必ず弾速チェックを受けてください。
チェックシールの無いトイガンは使用出来ません。
使用BB弾は生分解性バイオBB弾で0.30gまでとなります。
上記はミリキャン公式サイトにて確認し、必ずお守りください。


トイガンの射撃に関しては、以下のルールを適応します。

 ライフル・小銃 :
  セミオートマチック射撃限定でノーマルマガジン(70~100連等)のみ
  多弾数マガジン、電動マガジンは使用禁止
  ノーマルマガジンの無い自作機種等は要申告

 分隊支援火器・軽機関銃・重機関銃 :
  フルオートマチック射撃可能でマガジン制限無し
  実銃において機関銃カテゴリとして扱われている機種のみ

 SMG、短機関銃 :
  フルオートマチック射撃可能。0.12gバイオ弾のみ使用可能(0.12gを超えるものは禁止)
  実銃においてピストル弾を用いたサブマシンガンとして扱われいる機種のみ



・アイウェア

近距離からのトイガンによる射撃に耐え、直接内側に弾が飛び込まない構造のもの。





・問い合わせ

米軍、先進国軍装備に関して
 heavy@militia.jp(Heavy/MMS.)

民兵装備と開催に関して
 sewing@aska-corps.com(明日香縫製)


他、いくつかのチームやミリタリー業者等にて「オペタイ実行隊」を編成しています。

遠方から駆け付けるスタッフが多くなりますので、開催・運営に関しては「現場主義」で
させてもらいます。予定と違う進行になる場合もございますが、皆が楽しめるように
尽力させてもらいますので、ご容赦ください。



  


2019年08月20日

オペレーションタイトロープ(2019)

(オペタイ実行隊案内)


11月2、3、4日開催のミリキャン(https://www.militarycamp.jp/)に出展する
「オペレーションタイトロープ」のご案内です。







MMM運営委員会メンバーの一部と協力者による「オペタイ実行隊」にて、
11月3日(日曜日9:00-14:00あたり)開催予定の、オペレーションタイトロープ
に出展させてもらいます。

今回はミリキャン公式サイト(https://www.militarycamp.jp/)より「参加表明」をいただける
事になりました。ミリキャン自体の参加申込と同時にも行えます。

オペレーションタイトロープ参加費(2000円予定)は現地徴収になります。

当日は参加表明者リストを見ながらの、受付・集金となります。

前日土曜日現地で飛び入り表明は出来るようにします。
当日朝の飛び入りは受付が出来ない場合がありますので、知人づてでも
良いので前日に現地で参加表明をお願いします。

ウェブ受付は開催1週間前までとします。
想定管理員数を超えた場合は、それまでに受付を終了する場合もあります。







詳細は追って案内させてもらいますが、今回はパトロール&遭遇戦を予定しています。

連合軍(米軍+α)と民兵ともに、いくつかの部隊に分かれてのパトロールです。

設定としては、駐留している米軍と現地自警部隊との共同戦線といった感じで、
スタッフを中心とした「未確認武装集団」を追います。


装備設定は2005年から現代まで。ざくっと21世紀アフガン戦以降とします。

部隊編成はある程度装備によって振り分けますが、一緒の部隊にしてほしい
人とは基本的に同じに出来ます。
「仲間内の○○装備の参加者だけで編成してほしい」でも可能です。
(編成単位は5~15人あたりを予定しています)

「シチュエーション」に主眼を置いたサブイベントとなります。




「オペタイ実行隊」に関しては、MMM運営委員会内でも対応出来る担当者が
別れていますので、後日詳細と一緒に案内させてもらいます。


参加ご検討よろしくお願いいたします。


 オペタイ実行隊  



< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 39人