2015年10月27日

MMM2015NOV シューティングマッチ

(MMM2015NOV案内)



11月21/22日開催の「出し物」になるシューティング大会の案内です。


イベントの参加募集も継続中になります。

詳細はこちら(http://mmm.militia.jp/e700953.html



スコアを集計する射撃競技をいくつかキャンプ日程内に開催します。

それぞれ一人1回参加です。個人参加のものとユニット参加のものがあります。



(前回の坂道ダッシュ後標的射撃)


去年のキャンプイベントで好評だった「走行車上射撃」と、
車両から降りてからの要人救出(もしくは物資奪取)の「移動射撃」の二つを
連続して参加いただきます。(参加自体は自由です 不参加でも可)

それぞれを合わせて通称「流鏑馬(やぶさめ)」とさせてもらいます。




走行車上射撃は3人以内一組での参加となり、走行中のトラックの荷台から
経路脇にあるターゲットを射撃します。

予定ではターゲット数は合計10です。
ターゲットに1発命中で1ポイント、2発で2ポイント、3発で3ポイントですが、
4発以上撃ち込んでいると、そのターゲットは失中扱いです。最大30ポイントになります。

使用する銃器は、拳銃、自動小銃、機関銃、狙撃銃、散弾銃とBB弾を発射する
トイガン(フィールドレギュレーションに適合したもの)でしたら何でもOKです。

ただ、フルオートのみの機関銃の場合、4発以上命中させてしまう危険性が
高いです。狙撃銃の場合は狙いすぎて通り過ぎてしまったり、ピストルの場合
弾切れなど、車上射撃に関しては自動小銃が一番無難です。

こちらはポイントのみがスコアとなります。




トラックから降車後、指定順路を歩行しながらの射撃になります。

目的地(10~20mほど予定)まで周囲を警戒しながら、指定のターゲットが
見えたら撃ち倒します。目的地には被救助者もしくは物資があり、それを担いで
スタート位置まで戻るまでのタイムを計測します。

ルール詳細は調整中ですが、指定ターゲットをすべて撃ち倒さないと
目的地から出発出来ないようになると思います。

こちらのターゲットは、複数並んだもの、やや遠くにあるもの、近距離のものなど、
自動小銃、狙撃銃、機関銃とそれぞれが役立つ構成になります。

ただ、ルール上車上射撃から移動射撃まで装備一式は「すべて携行した状態」で
の参加になります。自動小銃+狙撃銃の場合でも、片方を背負った状態で
それぞれの競技に参加いただきます。

また、救助者もしくは物資も、担架に乗っていたりなど「2人でないと持てない」状態
にする予定なのと、目標の奪取後にもターゲットの配置を予定していますので、
事実上「3人での参加」でないとかなり厳しいです。
(1~2人での参加の方は、他チームと合同にするか、スタッフが助っ人に入ります)

移動射撃の方は、ターゲットを全て倒した状態で、目標を持ち帰った次点での
タイムが得点となります。指定ポイントからの秒数に比例した減点式です。




走行車上射撃と移動射撃の合計点にて集計し、順位を発表します。

上位チームには記念パッチを進呈させてもらいます。



上記「流鏑馬」に加えて、スコアを計測する「静的射撃」と、景品が出る「縁日射的」の
二つを別に開催させてもらいます。

静的射撃はスコアを集計しての順位発表。

縁日射撃の方は、協賛各社より供出表明いただいた景品が出ます。
(景品募集しております。業者様以外でも、チーム名義での協賛も歓迎です。)

静的射撃と縁日射撃、それに景品に関しては後日また案内させてもらいます。



 MMM運営委員会  



< 2015年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 71人