2017年01月28日

MMM2017MAR

(MMM案内)


参加募集要項はこちら。

http://mmm.militia.jp/e829031.html



更新してすぐですが、追記です。


民族戦線申し込み時のお願いです。

参加部隊相当として、日曜日メインシナリオでどのグループで行動するのか
以下のいずれかから申告して下さい。

 ・現地人ネタ系 (民族衣装・トイガン火力を発揮しにくい装備、爆弾や棒など)
 ・現地人装備系  (民族衣装・軽装備・護身装備)
 ・民兵 (民族衣装・通常戦闘装備)
 ・無国籍傭兵 (従来MMM基準の無国籍感のある装備)
 ・ロシア系傭兵 (現用ロシア軍装備)
 ・中国系傭兵 (現用中国軍装備)

現地人ネタ系、現地人装備系、を「穏健派グループ」

民兵、無国籍傭兵、を「過激派グループ」

ロシア系傭兵、中国系傭兵、を「傭兵グループ」

と大きく3つのグループに分けて編成します。

連合軍の部隊編成のように確固たる規律がある訳ではないので、状況中に
スタッフの指示で別のグループに移動する場合もあります。

土曜日キャンプ時に別のグループの装備でもOKです。



連合軍の部隊および装備申告は、今まで通りで大丈夫です。


両軍とも申告に不足がある場合は、運営より問い合わせが行きます。

装備などに関する打ち合わせで担当者が使うアドレスは、申し込みアドレス
とは別のですので、申し込み受付の流れ(送金や入金確認)と一緒に
ならないようにご注意下さい。


申し込み専用アドレス : (entry@militia.jp)

代表窓口・民族戦線装備(明日香縫製) : (kalash@militia.jp)
会場管理・民族戦線編成(Carry) : (carry@militia.jp)
連合軍編成・連合軍装備(Heavy) : (heavy@militia.jp)



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017MAR


2017年01月28日

MMM2017MAR募集開始致します

(MMM案内)



MMM2017MARの参加募集を開始させてもらいます。


イベント名 : MMM2017MAR
         (Modern Military Meeting ・ モダンミリタリーミーティング)

開催日 : 2017年 3月 4~5日

会場 : バトルランド-1 (和歌山県橋本市 ・ http://bl.ord.cc/

詳細は下記のPDFをご参照下さい。




申し込みに関しては、以下のファイルに従って行って下さい。

 MMM2017募集案内 : (http://www.militia.jp/bin/mmm2017mar.pdf



装備やイベント内ルールに関しては、以下のファイルをご参照下さい。

 総合ルール : (http://www.militia.jp/bin/mmmgeneral.pdf

 民族戦線案内 : (http://www.militia.jp/bin/mmmrebel.pdf

 連合軍案内 : (http://www.militia.jp/bin/mmmallied.pdf



参加誓約は、申し込みメール時の「誓約宣言記載」と、現地での署名(代表者のみ)で、
二回誓約いただいています。

共に、申込者(チーム代表者)の責任において、同伴者および他の参加者の
管理責任を連名で負うカタチになっております。

誓約書を印刷して、事前にご記入いただいて持参いただくと、入場受付がスムーズになります。
基本はチーム代表者のみの誓約ですが、事前記入の場合はチーム員全員分の署名が
揃っていた方が、より望ましいです。

 誓約書 : (http://www.militia.jp/bin/mmmseiyaku.pdf

 会場規約 : (http://www.militia.jp/bin/bl1kiyaku.pdf



他、いくつか上記PDF以外の注意事項がございます。





セーフティ見取り図の、中央「中の段」が基本のキャンプスペースになります。

図の左側に民族戦線、右側に連合軍参加者を配置させてもらいます。
同チーム内に両勢力が居る場合は、中間地点配置になります。

宿泊テントを設置する方は、宿泊装備等を下ろした後に、「下の段」駐車場に
クルマを回送していただきます。
図のメモリひとつは10mですので、100mも離れていません。

車中泊の方、テント泊の方など参加者によって様々ですが、出来るだけ不公平の
ないよう務めさせてもらいますので、スタッフの指示にお従い下さい。






前回から試験的に採用させてもらっている、トイガンの「イベントマーカー」です。

マガジン下端およびマズル先端にオレンジ色のテープを巻いている場合は、
運営スタッフおよび指揮下の参加者が、イベント進行のために行動している
状況とお取り下さい。

通常は禁止されている「セーフティ内でのマガジン装着」と「セーフティ内での
空撃ち」を特別に許可しています。

一般参加者が勝手にテープを巻く事は禁止です。
セーフティ内イベントの際に特別に許可された場合に限ります。
 ※ゲート(検問所)警備、爆弾処理、容疑者逮捕などのイベント


他にも、オレンジ色の帽子やベストなどは「運営マーカー」であり、シチュエーション
中でも「オレンジ色の帽子を被ったカメラマン」などは透明人間と思って状況とは
切り離して下さい。

逆に、オレンジ色のマーカーを身に着けていないカメラマンは、「カメラマン役の
参加者」ですので、兵士がジャーナリストに対応するように扱ってあげて下さい。



開催までの間に補足としてこのMMM2017MARカテゴリで随時更新
させてもらいます。

参加者は更新時に案内が行くように、メールアドレス登録をして頂ければと
思います。



 MMM運営委員会
  



< 2017年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 71人