2018年02月15日

MMM2018MAR

(MMM2018MAR)


MMM2018MARの連合軍枠の募集を締め切りさせてもらいます。


本日以降の受付の場合は、「キャンセル待ち」「車両を伴わない人数調整」で
対応させてもらいます。



民族戦線枠(民兵・傭兵)は継続して募集させてもらいます。

申込に関しては、こちらの案内より。

http://mmm.militia.jp/e905591.html








 MMM運営委員会  
タグ :MMM2018MAR


2018年02月08日

MMM2018MAR細則他

(MMM2018MAR)


MMM2018MARの参加要項に関する細則を案内させてもらいます。



・申込に関して

本日より募集開始していますが、先行受付(2017キャンプ・民兵祭参加者)を
含めて既に参加枠の半数が埋まっています。

想定人数の9割あたりを超えた時点で、受付の際に「キャンセル待ち」もしく
は「人数調整後に案内」とさせてもらう場合がございます。




・宿泊(キャンプ)に関して

土曜日よりご来場いただいて現地宿泊される方は、必ず自身が宿泊可能な状態で
ご来場下さい。MMM運営委員会より宿泊に関する支援は一切ありません。

バトルランドの休憩所および更衣室にも宿泊出来ません。

また、夜間はかなり冷え込む事が予想されますので、防寒装備も十二分にご用意下さい。




・土曜日夜のエキシビジョンに関して

24日土曜日夕刻以降にエキシビジョン戦をします。今回は「トレーサー戦」になります。

参加には「フルオートトレーサー」と「全弾蓄光バイオBB弾」である事が条件です。

トレーサーは作動するものを必ず持参して下さい。
現地で作動不良になった場合は射撃禁止となります。

蓄光バイオBB弾は現地でバトルランド協力の元に特価販売予定です。

接近戦の無い遠距離射撃のみのゲームを予定しております。

暗視装置使用可です。




・シチュエーションで使用するマガジンに関して

2018年から、多弾数マガジンの使用を基本禁止とします。
(2017年までは予備マグが無い場合に本体に装着する1本のみ可でした)

ノーマルタイプ(コイルスプリングタイプ)のみになります。
50~100連、150連前後のダブルカラムタイプ(Mid-Cap)も可とします。

例外として、RPKやL-86、ブレンガンなどの軽機関銃は多弾マガジン可とします。
また、自作機種等で多弾タイプしか無い場合、本体に装着する1本だけ可とします。
PPSh-41のドラムマガジンのようにノーマルタイプが無い





・サブマシンガンに関して

2017まで「セミなら0.20/0.25g」「フルなら0.12g」と使い分け可能だったSMGですが、
2018からはどのシチュエーションでもすべて0.12gを使用する事になりました。

SMGかライフルかのラインは、実銃のカートリッジにおいて5.7x28mm(P-90)、
4.6x30mm(MP7)までをSMGとし、7.92x33mm(MP44)からをライフルとします。

MMMシチュエーション内でSMGを使用する方はほとんど居ませんが、もし使用する
際はご注意下さい。0.12gバイオBB弾はエクセル製とマルイ製がございます。
  
タグ :MMM2018MAR


2018年02月08日

MMM2018MAR募集開始

(MMM2018MAR)



2018年3月24/25日開催の「MMM2018MAR」の募集を開始させてもらいます。


メールにて申込受付をさせてもらいますが、事務作業上必ずこちらの要項を守って下さい。

 ・申込メール内に同時に質問しない
  申し込みメール内に質問内容がありましたら、質問への返答を優先させてもらいます。

 ・申告する項目をすべて埋める
  申告内容に不備があった場合は、不備に関する返信をさせてもらいます。

上記の場合、申込順序に組み込まれません。

メール単位で受付管理をしていますので、必ずお守り下さい。

「申込要項をすべて埋めてメールする」
「質問は別メールで各担当にする」
このようにお願します。



MMM2018MAR募集要項
http://www.militia.jp/bin/mmm2018mar.pdf

こちらのPDF内容に従って、申込専用アドレス(entry@militia.jp)にご連絡下さい。



質問は以下の各担当にお願します。

 明日香縫製 (kalash@militia.jp)
  イベントの代表質問および民兵装備

 Carry (carry@militia.jp)
  テント設営や駐車とシチュエーション中の指揮官

 Heavy( heavy@militia.jp)
  連合軍装備とシチュエーション中の指揮官




下記の書類に必ず目を通しておいて下さい。

昨年と少しづつ変更になる場合がございます。

また、開催までこちらの公式ブログで細則を案内させてもらいます。
(Facebookだけではすべてカバー出来ていません)

こちらのミリブロコンテンツを新着時に連絡が行くように設定いただけると
把握漏れが無くなります。


MMM総合ルール
http://www.militia.jp/bin/mmmgeneral.pdf

連合軍
http://www.militia.jp/bin/mmmallied.pdf

民族戦線
http://www.militia.jp/bin/mmmrebel.pdf

MMM誓約書(来場時に記入済ですと助かります)
http://www.militia.jp/bin/mmmseiyaku.pdf

MMM規約
http://www.militia.jp/bin/mmmkiyaku.pdf

バトルランド-1(会場)規約
http://www.militia.jp/bin/bl1kiyaku.pdf




 MMM運営委員会
  
タグ :MMM2018MAR