2020年09月02日

民兵祭 MMM2020OCT

(MMM2020OCT)



民兵祭募集受付中になります。

http://mmm.militia.jp/e1040870.html






民兵祭は10月17日土曜日13時~20時がゲーム予定です。(途中夕休憩)

17日午前中はエキシビジョンとして「支援射撃訓練」があります。

軽機関銃、もしくは二脚付き自動小銃をお持ち下さい。
重機関銃でも可能だとは思いますが、運搬&設置までやる事になると思います。




18時以降(夕休み以降)に、夜間(暗所)シチュエーションに入ります。

夜間シチュエーションでは「発光トレーサー」「蓄光バイオBB談弾」が必須になります。

注 :
 「発光トレーサー」は必ず初弾から作動(発光)するものを使用して下さい。
 作動していない、または不安定だなとゲーム中でも分かった場合は使用を中断して下さい。
 「マガジンルートで発光」「チャンバーで発光」など、発光量(蓄光量)が少ないもしくは、
 初弾で作動しないものは使用出来ません。
 (機関銃などではその限りではないものもあります。お問い合わせ下さい)



今回使用する蓄光バイオBB弾はMMM運営委員会より支給する予定です。
持ち込みでも可能ですが、かならず指定のものでお願いします。

バトルランド指定蓄光バイオBB弾の「EXCEL BIO TRACER BBS 0.20g」
こちらのグリーンもしくはオレンジです。


また、MMM公式蓄光バイオ弾として以下のものをバトルランドより許可いただきました。

ライラクス製「ハイバレット蓄光バイオBB弾0.20g」「ハイバレット蓄光バイオBB弾0.25g」

上記2点は大阪のパーツメーカーLayLax様より協賛いただいています。
0.25gを使用したい場合はこちらの弾になります。
0.25gは支給分にも含まれますが、数量が少ないため基本狙撃銃用とさせてもらいます。





蓄光バイオBB弾を持ち込みで使用される方は、必ず元袋(パッケージ)に入った状態
もしくは元袋を保管した状態でボトルに入れて下さい。
夕暮れ後はBB弾のチェックが困難になるためです。ご協力下さい。



配布予定の蓄光バイオBB弾は、PMC/GRS側がグリーン、民兵側がオレンジを予定しています。
持ち込みBB弾はどちらを使っても大丈夫です。勢力で完全に分けている訳ではないです。

機関銃の場合、発射数の2割以上が蓄光していればOKとします。(実物のトレーサー弾のように)
バラ弾をそのまま入れるマガジンで通常バイオ弾と混合する場合はよく撹拌して下さい。

RPKのようにライフル用マガジンを使用する場合は、通常バイオと蓄光バイオを4発、1発、4発、1発と
なるように装填して下さい。(かなり大変だと思うのでドラムマガジンでOKです)



 MMM運営委員会
  


2020年09月02日

オペレーションタイトロープ(2020)

(オペタイ2020)




オペレーションタイトロープの募集受付が近日中に開始予定です。

申し込みはミリキャン公式サイトのサブイベントメージよりになります。

https://www.militarycamp.jp/

申し込みにはミリキャンの正式受付番号が必要になります。

オペタイは2020年11月21~23日開催のミリタリー&キャンプイベント「ミリキャン」内の
サブイベントとして進行させてもらいます。22日(日曜日)8~15時あたりの予定です。




今回、オペタイと現用装備撮影会は協調開催となります。

オペタイが~15時までで、その後すぐに撮影会に移行します。
状況終了後も武装解除をしないようお願いします。



ミリキャンサブイベントページでも同時申し込みが可能になる予定です。

参加費は以下のとおり。
 オペレーションタイトロープ&現用装備撮影会 3000円(ミリキャンサイトより申し込み)

 オペレーションタイトロープのみ参加 2000円(ミリキャンサイトより申し込み)

 現用装備撮影会のみ参加 1000円(現用装備撮影会フォームより申し込み)
  (https://militarysatueikai.militaryblog.jp/

参加費はどのパターンでも現地徴収です。

前日土曜日の日中に30分間x3回ほど受付時間を設けます。
時間の案内はブログやTwitter等でさせてもらいます。

シューティングレンジ前にサブイベント関連テントを設置予定になります。
サブイベントテントに受付スケジュールを掲示する予定です。
日曜日早朝にも受付タイミングを設ける予定ですが、出来るだけ土曜日のうちに済ませておいて下さい。

前回、前々回と当日申し込み(飛び入り)は可能でしたが、部隊として管理出来る制限を
超えそうな場合は当日申し込みを中止する場合がございます。予めご了承下さい。





オペタイ参加規定(装備等)に関しては後日案内させてもらいます。

基本的に前回までと同じです。2000年以降現代戦装備です。
連合軍(国連軍+α)vs民兵の図式です。














 オペタイ実行隊
 ※MMM運営委員会はオペタイ実行隊に協力しています  


2020年08月24日

オペレーションタイトロープ(2020)

(オペレーションタイトロープ)




11月21~23日開催予定のミリキャン2020(https://www.militarycamp.jp/)内のサブイベント「Operation Tight Rope(オペタイ)」に、
今年も協力させてもらいます。

日程は22日(日曜日)の日中を予定しています。(前回、前々回とだいたい同じになる予定)

MMM運営委員会からはMMS.を主体に出向し、現地でオペタイ・タスクフォース(運営スタッフ)を
編成します。



参加申込は上記ミリキャン公式サイトにて9月上旬までに募集開始予定です。

参加申込にはミリキャン申し込み番号が必要になりますので、先にミリキャンの正式申込みを
完了させた上で、オペレーションタイトロープにお申し込みいただきます。



オペタイ第一回はパトロールメイン、第二回は遭遇戦メインのような流れになっていました。

今年第三回目は「ステルスミッション」「パトロールミッション」の大きく2つを用意する予定です。

ステルスミッションは自衛隊偵察訓練を参考にした、非戦闘を想定した作戦です。
指定場所に行き、偵察(指定ポイントの文字列などを確認など)や、対象勢力の員数や
武装などの確認などです。

パトロールミッションは前回までのものに近い遭遇戦のような感じになると思います。



募集開始からも、こちらのカテゴリで補足させてもらいます。




 オペタイ実行隊
  


2020年08月24日

民兵祭 MMM2020OCT

(民兵祭 MMM2020OCT)



民兵祭2020参加募集中です。

http://mmm.militia.jp/e1040870.html

こちらより。




10月17日開催の民兵祭の補足です。



スケジュールに変更がございました。

前回のミリブロ案内とPDFの方も修正されていますので、ダウンロード・印刷済みの方は
お手数ですがご確認下さい。



当初「デイゲーム」+「夜間エキシビジョン」でしたが、ゲームを13時からとして午前中を
逆にエキシビジョンにする事になりました。

ですので、正規スケジュールは13時~20時となり、途中に夕方休憩を挟みます。

午前中は自由参加のエキシビジョンとなり、今回は「支援射撃トレーニング」を予定しております。
エキシビジョンは10時過ぎあたりよりの予定で、9時より会場入り可能です。


土曜日の昼からゆっくり参加したい人は、エキシビジョンを飛ばして13時にゲーム可能になるよう
来場いただければと思います。



18時夕暮れ以降のシチュエーションでは、トレーサーを使用したゲームになります。

射撃を前提とする場合は、「トレーサー(発光装置)」と「蓄光バイオBB弾」が必須となります。

射撃を伴わない参加(非武装の民間人や要人)の場合は、エアソフトガンの携行は禁止になります。
空撃ちなどでトレーサー非使用射撃との区別が付かなくなるためです。
モデルガンや火薬ピストルなどの使用はOKです。


BB弾が発射されるすべての銃でトレーサー&蓄光バイオ弾が必須です。

蓄光バイオ弾はシチュエーションに必要な分は配布予定ですが、持ち込みも可能です。

今の所バトルランド指定の「EXCEL BIO TRACER BBS 0.20g」に限ります。
カラーはグリーンとオレンジどちらでもOKです。オレンジの在庫がありますので、配布分はオレンジに
なると思います。オレンジで在庫内でしたら販売も可能です。

0.12g蓄光バイオが無いため、夜間状況に関してはサブマシンガンに関しても「0.20gセミオート」とします。


特例として軽機関銃に関しては「トレーサー装着かつ、装填数の2割以上が蓄光バイオ弾ならOK」とします。
5発に1発がトレーサー弾でしたら、フルオート射撃可能になります。マズル発光自体は全弾です。
弾倉に入れる際はよく混ぜて入れて下さい。もちろん全弾蓄光バイオでも可です。

機関銃に関して、前進しながらの射撃は禁止として、定位置射撃のみになる予定です。(シチュエーション上そう設定します)

夜間状況ですし、基本的に出会い頭で撃ち合いになるような状況にはしません。







ナイトビジョンの使用は申告の場合のみ使用可能です。必ず使用前にご申告下さい。

ヘルメットマウントの場合などでも、必ずシューティンググラスの上にNVが来るようにして
下さい。「状況中はNVを上げないから」という理由は禁止です。




民兵サイドとしては、夜間状況は「武装した民兵」「武装してない民間人」の参加になります。

武装してない民間人を射撃した場合は、PMC側にはペナルティ(指揮官からの叱責)があります。

民兵サイドの方にも独自のシチュエーションを用意しています。





参加ご検討よろしくお願いいたします。




 MMM運営委員会  


2020年08月10日

民兵祭 MMM2020OCT 募集案内

(民兵祭 MMM2020OCT 募集案内)


民兵祭 MMM2020OCT 募集を開始いたします。



イベント名 : 民兵祭 MMM2020OCT
            Militia Militant Mercenary!!(サブタイトル)

開場 : バトルランド-1(http://bl.ord.cc/

開催日時 : 2020年10月17日(土曜日)

開場 : 午前8時より入場可 午前9時ごろより受付・準備開始
      10時ごろよりゲーム開始予定です。
      ※スケジュール修正
      17日13時にゲーム開始出来るよう(ゲーム装備)準備をお願いします。
      20時あたりまでのスケジュールとし、夕方休憩を挟み後半は夜間状況になります。
      17日午前9時あたりより入場可能とし、逆に午前中がエキシビジョン(自由参加)になります。後日紹介します。
      ※シチュエーションゲームのため解説が必須です。遅刻した場合、参加出来ません。

参加費 :
 3500円/人 (車両乗り入れ料金を別途徴収しません)

参加費+後泊料金 :
 4500円/人
 ※後泊のみでの参加枠はありません
 ※後泊枠申込者向けのエキシビジョンを予定



 MMM2020OCT募集要項(http://www.militia.jp/bin/mmm2020oct.pdf

上記募集要項に従って、本文中の「エントリー専用アドレス」にEメールにてお申込み下さい。

申込みの際は必ず件名に「申込」が入るようにお願いします。
申込以外の問合せ等はエントリー専用アドレスには送らないようお願いします。



 MMM総合ルール(http://www.militia.jp/bin/mmmgeneral.pdf
  ※適応外ルール、特別ルール等ある場合があります。
    現地で補足させてもらいます。



装備参考。MMM本戦ルールですので、民兵祭で適応外のものもあります。

 民族戦線参加要項(http://www.militia.jp/bin/mmmrebel.pdf

 連合軍参加要項(http://www.militia.jp/bin/mmmallied.pdf
   


 誓約書(http://www.militia.jp/bin/mmmseiyaku.pdf
  ※メール申し込みの方は、現地で名前のみサインをいただきます。
  ※募集枠に余裕がある場合の当日参加の方は、こちらにご記入いただきます。


 会場利用規約(http://www.militia.jp/bin/bl1kiyaku.pdf
  ※会場(バトルランド-1)の利用規約です。
    参加者・スタッフを含むMMM全体でイベント会員という扱いです。





・装備に関する規定

基本的にMMM装備ルールの正規軍兵士以外となります。

例外的に特殊部隊(通称デルタ枠)のみ、国章以外のすべての徽章を外す事で
「潜入特殊部隊」として参加可能です。※後述

2005年~現代までの北アフリカ・中東・東欧を想定した、架空の国家とします。
設定上「バトラン国ヨコザ自治区(ヨコザニスタン)」となります。
大雑把ですがイメージは「アフガニスタン周辺」で構いません。

イベントモチーフとしては、映画「13時間ベンガジの秘密の兵士」となります。





・民兵

 アフガン民兵を基本とし、他街着系民兵などを含みます。
 想定地域の民兵を模したものでしたら、基本的に可です。
 他、軽武装・非武装の現地人風も可。
 民兵祭に関してはギャング風も推奨です。


・傭兵

 民兵より戦闘装備に寄った装備となります。
 MMM規定では「ロシア系」と「中国系」を推奨しています。
 義勇兵もこちらに含みます。重装備の民兵は傭兵枠になる場合もあります。



・PMC(民間警備会社)

 民間の武装警備員です。
 ゲーマー装備や特殊部隊装備になってしまわないようにご注意下さい。
 BW社など実際のPMC装備を参考にしてみて下さい。
 欧米系PMCの他、ロシア系PMCも許可です



・GRS(Global Response Staff)

 CIA職員を警護する部隊です。「13時間」のメインキャストチームです。
 元特殊部隊等の設定をイメージさせるセットアップをお願いします。
 



・新興国軍(元民兵)

 イラク軍、アフガニスタン軍、リビア軍、他新興国軍を可とします。(他想定地域軍要問合)
 また、舞台となる架空国家内の「ヨコザ軍」でも可です。
 「ヨコザ軍装備」は規定していませんが、イラク、アフガニスタン、リビア軍
 などをアレンジしたもので可です。新興国から派遣された治安維持軍といった感じです。



・警察(自警団的なニュアンスの民兵)

 イラク、アフガニスタン、リビア、他の新興国警察機構を可とします。
 ※架空国家への文民警察官(派遣扱い)のようた立場です。



・特殊部隊(所属を明かせないので、国際法上の民兵)
 ※Unknownグループですが、自身の設定上の原隊や装備等は明確にして下さい

 部隊章を禁止とします。国章のみ許可です。「原隊を秘匿している」という設定とします。
 「13時間」作中ではデルタでしたので、便宜上「デルタ枠」とイベント中でも呼称
 するかもしれませんが、部隊・装備の国籍は問いません。
 「原隊は○○だけど、こういった理由で装備をアレンジしている」といった感じです。
 階級章・部隊章は禁止です。国章はギリギリOK。





民兵祭は「米陸軍」などの資料等で分かりきった装備の枠がありませんので、
装備に関しては遠慮なくお問い合わせ下さい。

欧米系装備・編成 (Heavy) heavy@militia.jp
民兵装備・開催関係 (明日香縫製) kalash@militia.jp
民兵編成・開場受付関係 (Carry) carry@militia.jp

上記対応区分けはだいたいですが、出来るだけご返答させてもらいます。




 MMM運営委員会











  


2020年08月09日

民兵祭 MMM2020OCT

(MMM2020OCT)


民兵祭 Militia Militants Mercenary !!

2020年10月17日(土曜日)開催いたします。

明日未明より募集開始します。

募集要項は明日の記事にてご確認下さい。



MMMナンバリングとしては「MMM2020OCT」になります。

映画「13時間ベンガジの秘密の兵士(ベンガジの戦い)」をモチーフにしたイベントです。

シチュエーションは設定しますが、シナリオより単品のゲームをメインに進行します。

また、MMM本戦に活かせるタクトレや射撃訓練なども考えています。単純な射撃技術
だけでなく、味方との連携などなど。




民兵祭ルールとして「正規軍無し」です。つまり広義で「全員民兵(非正規戦闘員)」

いつもの連合軍系としてはPMC・GRS(GlobalResponseStaff)等になります。

ただし、部隊章・階級章を外した特殊部隊はOKです。国章は付けていてもOKですが、
捕虜になる時には外しておいた方がいいかもしれません、、、


いつものMMM参加枠からは、申し訳ありませんが一般兵部隊のみが外れています。

MMM本戦一般兵の人はだいたい民兵枠で参加されています。






今回、「日中シチュエーションの後に夜間シチュエーション」という順番にするために
土曜開催となっています。

土曜日日中のみの参加の場合は、参加費3500円。
土曜日日中+夜間(キャンプ&エキシビジョン)の場合は4500円の参加費になります。
(MMM運営委員会に3500円と、会場のバトルランドに別途1000円)
※夜間エキシビジョンに関しては後日案内します

今回も装備の編成等がありますので事前申し込みのみの受付になりますが、
参加費は当日現地徴収とさせてもらいます。ドタキャンの無いようにお願いします。
キャンセル時は確認出来るか分からないタイミングでもメールで連絡お願いします。



また、翌日10月18日に開催される「ブラックラグーン戦」とジョイントしており、民兵祭参加
装備の方はほとんどの方が「そのまま」もしくは「ちょっとアレンジ」で翌日ゲームに参加可能です。
(普段着系のギャング風にしたり、カミースの裾を中に入れる等)

ブラックラグーン戦の前夜祭が土曜日夕方あたりより始まりますので、民兵祭とブラクラ戦両方
に参加される場合は夜間キャンプ代がサービスとなります。是非ご検討下さい。






民兵勢力は、MMM本戦の民兵・傭兵グループの装備そのままで基本はOKです。
(リビアではなく、架空国家設定のため)

ただし、映画の民兵や武装市民等に扮すると、なおヨシです。




詳細は募集要項にもありますが、新興国軍および新興国警察枠もあります。

アフガニスタン、イラク、リビアの国軍および警察が、治安維持部隊として派遣
されています。(という設定)
建前上は国際治安維持部隊であり、当該地域での正規戦闘員ではありません。

上記の国以外の場合は、お問い合わせ下さい。





普段連合軍装備の方が民兵祭より民兵側の楽しさを知ったり、その逆に普段
民兵をしている方がPMCとして連合軍サイド(体制側)の雰囲気を感じたりと、
いつもの大きな流れがあるMMMとは違った遊びを体験してみてはいかがでしょう。

映画13時間同様に追い詰められる状況のPMCやGRSは、要人救護のために命を
掛ける瞬間が味わえタイミングがあるかもしれません。



射撃ルール等は普段のMMM同様ですが、今回試験的に「脚付き小銃の点射」(いわ
ゆるバイポッド付きライフルのバースト射撃)を訓練および運用するかもしれません。
昨今、M27IAR、RPK16等、小銃と支援火器の中間機種が出てきましたので、そのあたり
を精査したいと思います。(参加者割にはかなり少ないですが)

支援火器訓練もやりたいと思っていますので、軽機関銃やSAW(分隊支援火器)を
お持ちの方は、シチュエーションゲームでこそその威力を発揮出来るよう参加
してみてはいかがでしょう。



短機関銃・SMGの0.12g限定使用(0.12gを超える弾の禁止、フルオート可)も
ボチボチ定着してきました。今回屋内突入や逆に防衛なども予定していますので、
SMG扱いのMP7、MP5、UMP等も有効だと思います。

フィールドのバトルランドとしても、コンテナや教会風建物などが春以降に追加されて
いますので、CQBフィールドでは出来ない遭遇戦でのフルオート射撃の有効性を
体感出来るかもしれません。

0.12g弾は20~30mほど離れると0.20g弾とはまともに撃ち合い出来ませんので、
使い所が重要です。




明日の募集開始以降も、細則等案内していくと思います。

よろしくお願いいたします。



 MMM運営委員会  


2020年03月19日

MMM2020MAR

(MMM2020MAR)



MMM参加申込に関して。



参加申込が完了しておらず、連絡も取れない方が何人か居られます。

当日飛び込みで来られてもお引取りいただく事になります。
遠方から来られて追い返すような事は出来るだけしたくありませんので、
現時点で仮申込ではなく「受付完了」となっていない方はご注意ください。



申込担当者、および他の運営スタッフへのメール等での問い合わせは本日19日
24時までとさせてもらいます。それ以降はメールでの連絡は取れません。

土曜日日曜日にどうしても連絡を取りたい方は、会場のバトルランドの問い合わせ
窓口の方へお願いします。(病気や事故、急用など)
急遽参加出来なくなった場合や、到着が遅れる(土曜日18時を過ぎる)場合も
何かしらの方法で連絡をお願いします。



会場(バトルランド)の消毒液(ハンドスプレー)の備蓄がかなり少なくなっております。
MMMスタッフでも持ち寄りますが、もしお手持ちのもので余っているものがあれば
供出いただけると助かります。スプレータイプ、詰め替えボトルタイプどちらでも歓迎です。

マスクの使用に関しては、参加者にてご判断ください。

トイレットペーパーの備蓄は問題ありません。





MMM2020MARの新作ワッペンがございます。

種類が多く、各枚数は少なめのものが多いです。

毎度人気の特殊部隊隊長のKING大尉パッチもございます。






恒例のメモリアルパッチもございます。





 MMM運営委員会




  
タグ :MMM2020MAR


2020年03月12日

MMM2020MAR

(MMM2020MAR)




MMM2020MARに関する案内および補足です。




・申込に関して

MMM2020MARの募集受付は、キャンセル待ち調整も含めて全て終了いたしました。

最初の申込メール以降、メール連絡も振り込み確認も取れない方が居られますが、
当日飛び込みで来られても参加出来ません。申し訳ありませんが、その場で退場いただきます。

ギリギリの会場スペースで調整していますので、ご了承下さい。




・来場時間に関して

21日土曜日の来場受付は17時に終了いたします。
17時以降に来場いただいた方は、緊急車両が通れるスペースを空けた状態で敷地内の
いずれかに駐車して下さい。受付は翌朝再開します。
また、17時以降に来場された方は翌朝6時に必ず受付に出頭し、車両の移動等スタッフの
支持に従って下さい。




・フィールドと射撃に関して

ゲームフィールドのセーフティエリア(ネット内側)とフィールド(ネット外側)は厳密に
分けています。土曜日のキャンプ中であっても、フィールド内では必ずアイウェアーを
装着して下さい。

また、射撃レンジ以外での射撃は、土日全日程で許可無くは出来ません。土曜日に
試射する場合も、必ず指定のレンジで行って下さい。フィールド側に設置する予定です。

セーフティエリア(駐車場・宿営地)内はマガジン装着禁止および抜弾確認(チャンバークリア)
して下さい。空撃ちも禁止です。マガジン脱着、チャンバークリアはフィールド側で行って下さい。

フィールド内でも、射撃時以外は安全装置を掛ける等、安全措置は必ず行って下さい。

※シチュエーション上、セーフティエリアにてスタッフ管理の上空撃ちおよびモデルガンの使用を
 する場合があります。参加者の判断での空撃ち等は禁止です。






・射撃ルールに関して

ここ数年で採用している「関西シチュエーションゲームレギュレーション」において、
「短機関銃(SMG)は0.12g使用で、フルオート射撃可」というものがあります。

ですがSMGのフルオート射撃を見て「フルオートOKなんだ」と、アサルトライフルなど
でもフルオート射撃をしてしまう方が時々居られます。これは朝礼で毎回説明していますが、
把握していない方が多いです。

参加者のほとんどはアサルトライフルだと思いますので、「基本セミオート」を徹底して
下さい。

また、SMGは「セミオート射撃するから0.2gを使う」は禁止です。セミフル両方で0.12gを
使用して下さい。
P-90、MP-7はSMG扱いですので、0.12g弾のみ使用可となります。





・車中泊に関して

車中泊時はメイン宿営地および下段駐車場どちらもエンジン始動禁止です。(22時以降とします)
どうしてもエンジン始動して宿泊したい方は、重機置場(セーフティと敷地入り口の中間あたり)に
駐車して宿泊して下さい。
車両移動は17時までですので予めそのように申し出ていただかないと、日没後の車両移動は出来ません。

車中泊でもかなり冷え込む場合がありますので、防寒対策は必ず行って下さい。




・使用BB弾

必ずフィールド指定のものをお願いします。東京マルイ0.20gバイオBB弾であれば大丈夫です。
フィールドでも販売していますので、手持ち弾無しで来場いただいて、現地購入されるのが
最も望ましいです。(安く賃借いただいているフィールド様の利益にもなりますし)






上記案内を確認された参加者は、一緒に参加される方にも周知をお願いします。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2020MAR


2020年03月05日

MMM2020MAR

(MMM2020MAR)



MMM2020MARにお申し込みの方で、まだ入金が確認出来ていない方が居られます。

入金確認前は仮申込になります。3月6日までにご確認出来ない場合はキャンセルとさせてもらいます。



入金いただきますと、土日祝を除く2~3日以内に入金確認がMMM運営委員会より届きます。

そちらが届いていない場合は、入金手続きが失敗している可能性もございます。
ご確認下さい。



 MMM運営委員会 
  
タグ :MMM2020MAR


2020年02月27日

MMM2020MAR補足

(MMM2020MAR)




MMM2020MARに関するご案内です。



すでにお申し込みされている方で、お支払いがまだの方は
開催2週間前(3月6日入金確認)までにお願いします。

期日までにお支払いいただけない場合は、キャンセルとなります。

キャンセル待ち受付の方は、3月上旬あたりよりご案内させてもらえると
思います。しばらくお待ち下さい。





3月21日(土曜日)野営に関して。

3月後半と言えども、かなりの冷え込みが予想されます。

寝袋やテントの防寒装備は必要十分以上の用意をお願いします。

また、車中泊申請されている方も、車中での寝袋や毛布などは必ず
準備しておいて下さい。
キャンプスペースでのエンジン始動は禁止ですので、車両の暖房を使う
事は出来ません。

また、会場となるバトルランドの更衣室や休憩室、大屋根の下などでの
宿泊も出来ません。必ず自身が宿泊出来る野営装備をお願いします。





 MMM運営委員会
  
タグ :MMM2020MAR



< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 39人