2018年10月23日

オペレーション・タイトロープ


本栖ミリキャン内で開催されるオペレーション・タイトロープのご案内。


24日でメールでの受付を終了させてもらいます。
それ以降はメールチェックが出来ませんので、当日受け付けとなります。


以下の時間帯にてサブイベント集会場内にて受付をさせてもらいます。
各予定時間より30分ほどで受付を終了させてもらいます。

27日(土曜日)
 11:00~
 15:00~
 17:00~
28日(日曜日)
 7:00~

事前申込みの方は受付時に支払いをお願いします。

当日申込みの方は装備などの申告がありますので、出来るだけ土曜日のうちに
受付を済ませて下さい。


上記スケジュール以外にはサブイベントブースにオペタイスタッフが居ない場合
が多いです。ご了承下さい。

キャンプ準備など忙しいとは思いますが、時間を指定しての受付にご協力下さい。


また、弾速チェックも可能な限り土曜日までに済ませておいて下さい。
(金曜日、土曜日に数回づつミリキャン公式弾速チェックが行われます)




オペタイ記念パッチを少数ですが持って行かせてもらいます。

上記受付のタイミングに販売させてもらいます。




いつもの従軍パッチです。




富士山をモチーフにしたパッチです。




当日もよろしくお願いいたします。



 オペレーションタイトロープ実行隊  


2018年10月05日

オペレーション・タイトロープ(MIL-CAM)




本栖ミリキャン内サブイベント「オペレーション・タイトロープ」募集継続中になります。

こちらの記事のご案内に従ってお申込み下さい。
http://mmm.militia.jp/e941428.html

また、こちらのカテゴリ内の募集案内以外の記事も目を通しておいて下さい。
http://mmm.militia.jp/c55128.html



当日参加表明も可能になる予定です。

土曜日もしくは日曜日朝に、サブイベント受付ブース(シューティングレンジ前)にて
募集させてもらいます。

他のサブイベントの兼ね合いでスタッフがブースに居ない場合は、受付対応出来ない
場合がございます。当日現場に「◯時~◯時まで受付対応」等の案内を掲示させてもらいます。




オペレーション・タイトロープに関して、装備規定は2005年~現代と、非常に幅広い
設定とさせてもらっています。装備ユーザーでの交流がメインになります。

バッチリ年代や派兵地を決めた部隊で集まりたい、という方は申込時にそう
申告いただければ、その方々だけで部隊を編成させてもらいます。
だいたい10~20人を1部隊として編成する予定です。


リエナクト・ヒストリカル的なものよりも、より「任務中の臨場感」を重視させてもらいます。



オペタイ参加者および、軍装ユーザーすべてに関してですが、昨今の宗教対立等の地域性が
色濃く出たシチュエーションを装備や振る舞いで再現する際は細心の注意を払って下さい。

ミリタリーホビーをよく知らない参加者が見ると、誤解を与える可能性があります。

民兵側参加者もそうですが、先進国軍側装備での参加者においても「世界的に悪とされる
ものに対向する我々は正義」というニュアンスは、背景を知らない方には伝わらない可能性もあります。

特に実在する特定の組織の再現や、それに対する「◯◯Hunting Club」等のニュアンスの
装具や小物にもご注意下さい。(具体的に禁止はしないものとします)




参加ご検討よろしくお願いいたします。






 オペレーション・タイトロープ実行隊
  


2018年09月28日

MMM2018JUL-SEP




MMM2018JUL-SEPのご案内です。



台風のより強い影響が予想されますが、条件付きで開催決行とさせてもらいます。


・スタッフは基本的に現地に居ます。

・これからのキャンセル、当日キャンセル、連絡なしキャンセルの場合でも、後日
 返金手続きをさせてもらいます。

・日程中のプログラムを変更して進行させてもらいます。





●会場に関して

スタッフとフィールドマスターは土曜朝より現地に居ます。

現地に着いても誰も居ないという事はありません。




●キャンセルに関して

キャンセルの場合は出来るだけentry@militia.jpまでご連絡下さい。
会期中の返信は出来ませんが、メールチェックは出来ます。
入場者管理に役立たせてもらいます。

今これから、もしくは当日朝のキャンセルでも、参加費を返金させてもらいます。
参加費より手数料500円を差し引かせてもらった金額を、返金手続きさせてもらいます。
(返金は開催日より1~2週間居ないを目処に)

ただ、「ちょっと顔出してすぐ帰る」場合は参加と見なして、返金はされません。
ご注意下さい。

参加の是非は参加者の判断によりよく考えて決めて下さい。




●プログラムに関して

プログラムを一部変更、状況によって随時変更させてもらいます。

開場は29日10時になります。土曜参加の方は、20時までに受付を済ませて下さい。
日曜日朝参加の方は、6~8時の間にご来場いただけるようお願いします。
終了予定は前倒しにして、30日12時とさせてもらいます。

夕方あたりより風が強くなるようですので、30日正午過ぎには撤収開始出来るよう
お願いします。完全撤収予定時刻は30日14時とさせてもらいます。

状況によって上記予定途中で終了宣言を出させてもらう場合がございます。
また、射撃競技やサバイバルゲームなども中断させてもらう場合がございます。






宿泊に関しても、場合によっては大屋根の下も利用し、現地に居る人員で
状況によって段取りを変更させてもらう場合があります。

食事の準備、就寝の準備の前にスタッフにお尋ね下さい。

天気予報では、現状29日夜間は比較的穏やかなようです。
https://tenki.jp/forecast/6/33/6510/30203/1hour.html





参加いただける方は、気をつけてご来場下さい。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2018JUL-SEP


2018年09月27日

MMM2018JUL-SEP




MMM2018JUL-SEPのご案内です。


今回、参加枠にまだ余裕がございますので、当日参加も受付させてもらいます。

当日参加の場合は、必ず「29日(土曜日)10~20時」「30日(日曜日)6~8時」の
いずれかの時間にご来場下さい。受付およびその後の参加に不備が出ます。

出来るだけ参加の旨を事前にメールでご連絡いただきたいですが、28日(金曜日)の
正午以降はメールのご返信が出来ません。(チェックはある程度出来ます。)

参加要項はは下記の記事を御覧ください。
 詳細はこちら(http://mmm.militia.jp/e939544.html
 カテゴリ(http://mmm.militia.jp/c54780.html





今回天気予報が芳しくありませんが、開催決行となります。

テント泊スペースは降雨時に水の流れができにくい場所に優先的に
設置してもらうようにさせてもらいます。

また、車中泊に変更する場合も来場時にスタッフにお申し付け下さい。

大屋根(バトルランド本部)の近くから、
 「テント泊スペース」
 「車中泊スペース(エンジン夜間始動無し)」
 「車中泊スペース(夜間エンジン始動有り)」
の順に配置させてもらいます。


大屋根の下はコンロなどを使って飲食は可能ですが、宿泊は出来ません。
また、バトルランド設備(休憩所や更衣室)でも宿泊いただけません。

宿泊テント、もしくは車中泊で就寝して下さい。

気温も急に冷え込んできましたので、防寒装備なども用意しておいて下さい。








流鏑馬(走行車上射撃)で使用する予定の6輪車両です。
使用時は幌を外します。

いままではピックアップトラックでしたが、今回はこちらの車両を使わせていただける
方向となっています。(予定が変更になる場合もございます。ご了承下さい)

今回流鏑馬は最大4人乗車となります。




 MMM運営委員会  


2018年09月20日

MMM2018JUL-SEP




MMM2018JUL-SEP募集継続中です。


9月29-30日開催 MMM2018JUL-SEP(和歌山バトルランド)

7月イベントの台風による順延開催になります。

普段のMMMとはちょっと違った様相で、指揮系統無しの軍装サバゲになります。
前日は射撃大会やキャンプで、同好の士で楽しみましょう。

詳細はこちら(http://mmm.militia.jp/e939544.html
カテゴリ(http://mmm.militia.jp/c54780.html




土曜日夕方からを予定している「コルク銃射的」の景品(協賛品)になります。





大阪オードナンス様より、迷彩二型エプロンです。





FUSION JAPAN様より、キーホルダーです。





MMM運営委員会明日香縫製より、カミースです。




他にも、キャリーオーバーしている景品が複数ございます。



射的ルールとしては、コルク銃を使って5発ほど撃ち、スコアを競います。

スコア上位の方より、商品を選んでいただける形式になります。





 MMM運営委員会


  


2018年09月13日

ショットショージャパン




9月15-16日開催のショットショージャパン会場で、

MMM2018JUL-SEP(9月29-30開催)
http://mmm.militia.jp/e939544.html

オペレーション・タイトロープ(10月28日開催)
http://mmm.militia.jp/c55128.html

の受付が可能になります。


9月イベントはショットショー会場にてお支払いいただけます。

10月イベントはミリキャン申込番号がありましたら正式受付可能です。






SSJ&MMMパッチが新バージョンになりました。
少し大きいタイプです。

画像の3種以外に、いくつか少数製作のバリエーションがあります。




それでは、ショットショー会場でお待ちしています。


 MMM運営委員会  


2018年09月12日

オペレーション・タイトロープ

ミリキャン内オペレーション・タイトロープ案内



募集継続中になります。詳細はこちらからご確認下さい。
http://mmm.militia.jp/e941428.html



オペレーション・タイトロープは、本栖ハイランドの地形を活かした
オリエンテーリング形式のシチュエーションゲームを予定しております。

10~20名の小隊~中隊規模(サバゲ基準での)で行動し、一般的な
ゲームフィールドでは出来ない長距離突破(もしくは脱出)作戦となります。


連合軍装備規定に関しては「2005~現在の中東周辺」となっていますが、米軍以外の
先進国軍は基本的にすべて参加可能です。
イギリス、ドイツ、フランス、ロシア等も可能です。

民兵勢力に関しては、中東周辺で展開しているであろうものに限らせてもらいますが、
それでも現代民兵装備としては自由度はかなり高いと思います。
(イラクで行動するアフリカやチェチェン系義勇兵なども含みます)


連合軍・民兵勢力ともに、装備の近い(部隊や年代等総合的に)をジョイントして、部隊を
編成させてもらいます。米軍系はだいたい同じ装備で揃うと思うのですが、他の先進国
軍はタスクフォースになると思います。

民兵勢力も、装備外観やスタンス(戦闘系orネタ系等)で、2~3のグループに分けさせて
もらう予定です。


オペ・タイのゲームスタンスには「無線による指揮系統を楽しむ」というものがあります。
また「軍隊的行動」もテーマでありますが、あくまで”軍隊的”なニュアンスをサバゲルールに
落とし込んでいるとお考え下さい。

すべてのユニットは本部より無線により指揮されます。
基本スタンドアローン(独断)での行動は禁止とされていますが、無線が不通になった
場合に、当初の予定どおりに進める事が出来るかどうかもシチュエーションの一貫と
考えます。行動に関するあるていどの指標は用意させてもらいます。

無線は特定小電力無線機を使用し、お持ちでない方には貸し出しもいたします。
最低限1小隊に1基の配備となります。

特小無線はそれほど出力が高くないので、進行上すべてのシーンで繋がる事は
無いと考えます。



連合軍はフィールド端から端までの突入(脱出)作戦という設定です。
各部隊が時間差でスタートします。

民兵勢力は、敵勢力(おもに特殊部隊と想定)が入り込まないように地域を
パトロールするような設定です。
こちらも民兵本部よりの無線で、指定ポイントを巡回します。

一般的な現用装備イベントとは少し趣向が違い、先進国軍側がコソコソと
行動するような感じになります。




ヒット判定は一般的なサバイバルゲームルールに準じますが、本部および
中隊長(スタッフ)の判断で復活や一時後退などの指示があります。

戦闘を回避するという、普段のサバゲとは違ったシチュエーションを楽しんで
いただければと思います。


参加ご検討よろしくお願い致します。



 オペレーション・タイトロープ実行隊


  


2018年09月12日

ショットショージャパン9月15-16日

MMM関連イベント案内。



9月15~16日開催の大阪心斎橋ショットショージャパンに出展いたします。

MMM関連イベントの案内の他に、普段兵士の格好でした会ってないMMM参加者の
同窓会的な趣きもあります。

他、関連商品(パッチ等)の販売もございます。



今現在募集中のイベントは以下のとおりです。



9月29-30日開催 MMM2018JUL-SEP(和歌山バトルランド)

7月イベントの台風による順延開催になります。

普段のMMMとはちょっと違った様相で、指揮系統無しの軍装サバゲになります。
前日は射撃大会やキャンプで、同好の士で楽しみましょう。

詳細はこちら(http://mmm.militia.jp/e939544.html
カテゴリ(http://mmm.militia.jp/c54780.html




MMM運営委員会で後援しているイベントは以下のとおりです。
(オペレーション・タイトロープ実行隊として)

10月28日開催 オペレーション・タイトロープ(本栖ハイランド)

10月26~28日開催ミリキャン(MIL-CAM)の「イベント内イベント」になります。

詳細はこちら(http://mmm.militia.jp/c55128.html

ミリキャン(https://www.militarycamp.jp/)もご確認下さい。




上記イベントのご相談をショットショー会場でして頂くことも出来ます。

参加自体や参加形態などでご質問がありましたら、是非お問い合わせ下さい。







 MMM運営委員会  


2018年08月29日

MMM2018JUL-SEP募集中です

(MMM2018JUL-SEP)



「現代戦装備サバゲ&射撃大会&キャンプ」
MMM2018JUL-SEP募集開始しております。

こちらの記事より要項を確認して、お申込みご検討下さい。

http://mmm.militia.jp/e939544.html

MMM2018JUL-SEPは、台風により中止となったMMM2018JUL(7月)の
順延開催イベントになります。

中止となった7月分の返金手続きは8月いっぱいとなります。

8月いっぱいで手続きをされなかった方は、自動的に9月順延開催への
繰越とさせえもらいます。

入場時間や人員の変更がありましたら、8月中にご連絡下さい。





9月30日(日曜日)に、メインゲームである「軍装サバゲ」が開催となります。

シナリオゲームのMMMでは自由行動はほとんどありませんが、今回の軍装サバゲ
に関しては、ドレスコードと射撃制限以外は通常のサバイバルゲーム同様です。

ドレスコードは「2005~現在までの中等周辺」なので、幅広い装備で参加いただけます。
(年代やシチュエーションを絞ったもののリクエストも多いですが、、、)

射撃制限は、「基本セミオート」「機関銃のみフルオート」です。
上記リンク先の記事の案内PDFをご確認下さい。

「サブマシンガンはフルオート可能で0.12gバイオ必須」が正式ルールになりました
ので、ご確認下さい。
「あの人小型銃でフルオート使ってる!」と現場でならないようにご注意下さい。







前日9月29日(土曜日)に、競技関係の出し物を予定しています。

開場は10時からですが、競技自体は15時あたりよりスタートを予定しています。
(参加受付は14時あたりより)
参加予定の方は、それまでにキャンプ準備などを済ませておいて下さい。

土曜日の競技関係はドレスコードはありませんので、ラフな格好での参加も可能です。





走行する車両から的を狙う「流鏑馬」は、3人1チームでの参加になります。

1~2名で来場の方は、現場で別の方と即席チームを組ませてもらいます。
1~2名でのチャレンジも可能ですが、4人以上は基本不可とさせてもらいます。






長距離(サバゲレンジにおいて)で的紙を狙う「静的射撃」です。

今回も点数と時間を計測し、同点なら短時間の方を上位とします。
前回まで5~10点満点でしたが、今回は25点満点です。
時間は20~30秒以内を制限として、制限時間を超過した場合は失格です。



感圧紙を使用したそこそこ精度の高い採点をします。
「的紙内についた弾痕のうち、低いものから5箇所を加点」となりますので、
6発以上着弾させると採点上は不利になります。(以前までは6発着弾は失格)

そのため、フルオートでもチャレンジ可能です。
フルオートは機関銃のみ可能とし、SMGは0.12gバイオのみです。
カービンやライフル系はセミオートになります。

「よく調整されたLMGを指切り5点バースト」が、どの程度上位に食い込める
のかが未知数ではあります。

また、制限時間内では的への接近も可能とする予定です。
以上時間分のタイムスコア的なロスや、時間超過での失格リスクなどを
考えて行う事が必要です。

以前までは「ぶっつけ本番」のような感じでしたが、今回はある程度似た
レンジで練習出来るようにしようと思います。




上記競技は15時より日没までに行う予定です。

日没後は大屋根(バトルランド管理棟横)にて「コルク銃射的」を行います。

こちらは協賛品を上位から選べるようになっています。
参加費以上の協賛品をゲット出来るチャンスもあるかもしれません。




 MMM運営委員会
  


2018年08月18日

オペレーション・タイトロープ募集開始いたします。

(オペレーション・タイトロープ)



「オペレーション・タイトロープ in MIL-CAN」の募集を開始させてもらいます。

詳細はこちらのPDFを御覧ください。

http://www.militia.jp/bin/otr2018mc.pdf

開催日時 : 10月28日(日曜日) 8時受付開始 9時スタート 13時終了 (予定)
会場 : ミリキャン2018(本栖ハイランド)




今回はイベント内イベント(ミリキャン内サブイベント)になりますので、
「ミリキャン申込」→「オペタイ参加表明」の順番で手続きが必要です。

ミリキャン申込は、ミリキャン公式サイトよりお願いします。
https://www.militarycamp.jp/

その後、上記PDIの案内に沿って参加表明をお願いします。


会場費とサブイベント参加費が分割していますので、会場費はミリキャン
申込時に支払をし、サブイベント参加費は当日受付時に徴収させてもらいます。
(ミリキャン5000円 + オペタイ2000円)

今回は事前徴収ではありませんが、どうぞ直前や当日のキャンセルの
無いようにお願いいたします。



最短での申込手続きは、
「ひとまずリーダー1人がミリキャンに申込・支払を完了し、”管理番号”を発行してもらう」
「その”管理番号”を添えて他のメンバーのリストとともに、オペタイに申込をする」
となります。オペタイ申込には代表者の管理番号のみでOKです。

開催1~2週間前まででしたら、参加表明チーム内の人員変更などにもある程度
対応しますが、できるだけ早くに確定メンバーを連絡いただければ助かります。

受付形態としてはじめての試みですので、案内や段取りの不備等あると思います。
ご協力いただければ助かります。




申込要項はできるだけ簡素なものにしました。

細則等はこちらのカテゴリで順次補足していこうと思います。







 オペレーション・タイトロープ実行隊  



< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 36人